ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > 福岡マゼラン(株)(旧:宮崎カーフェリー(株))特別清算開始決定

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2018/08/28(火)

特別清算開始決定

負債総額89億3273万円

宮崎 カーフェリー事業 福岡マゼラン(株)(旧:宮崎カーフェリー(株))特別清算開始決定

~事業を新会社が継承~

※画像は実際の企業と関係はありません

 福岡マゼラン(株)(旧:宮崎カーフェリー(株)、TSR企業コード:902007815、法人番号:7350001004438、宮崎市港3-14、登記上:福岡市中央区天神1-6-8、設立平成16年4月、資本金1000万円、代表清算人:黒木政典氏)と、関連の福岡セラーン(株)(旧:宮崎船舶(株)、TSR企業コード:902003720、法人番号:8350002008008、同所、登記上:同所、設立平成15年8月、資本金300万円、代表清算人:同氏)は8月15日、福岡地裁より特別清算開始決定を受けた。
 負債は、福岡マゼランが15億7633万円、福岡セラーンが73億5640万円、2社合計89億3273万円(平成29年3月期決算時点)だが、会社分割を実施しており、変動している可能性がある。

 福岡マゼランは、平成17年12月に特別清算開始決定を受けた(株)マリンエキスプレス(TSR企業コード:292531206、宮崎市)から、同社が運航していた4航路のうち、宮崎~日向~貝塚(貝塚航路)、宮崎~大阪南港(大阪航路)の2航路の営業権を譲受し、宮崎カーフェリー(株)の商号で設立したフェリー会社。当初は2航路の運航で、平成18年3月期の売上高は60億5150万円を計上していた。
 しかし、貝塚航路は宮崎県と関西圏を結ぶ輸送ルートとして首都圏への農産物、工業製品輸送への活用が期待されていたものの、採算ラインに達しなかったため、19年3月期中に撤退。以降は大阪航路のみの運航となり、26年10月からは神戸港へ航路を変更していた。27年3月期以降は燃料価格の低下により採算は好転したが、傭船代の返済原資を確保するまでには至らなかったほか、新船建造に対する資金手当のめどが立たなくなっていた。このため、当社は30年2月28日開催の株主総会の決議により解散し3月1日、現商号に変更していた。
 福岡セラーンは、マリンエキスプレスが所有していたカーフェリーなどの資産を承継。船舶2隻を保有し、旧:宮崎カーフェリーにリースしていたが、同様の措置となった。
 なお、宮崎カーフェリー(株)(TSR企業コード:024761613、法人番号:1350001014707、宮崎市)が3月1日、地域経済化支援機構などからの出資を得て、2社の事業を継承し、営業を継続している。

全国最新トピックス

09月18日号
(株)大見屋 【愛媛】 スーパーマーケット業
09月17日号
(株)クリハラ 【宮城】 各種プラント機械製造・プラント設置工事
09月16日号
(株)Fグリップ 【広島】 家具小売
09月16日号
(株)豊栄サポートバンク 【福井】 注文住宅設計施工、住宅建売ほか
09月09日号
(株)ブライト・ビジネス・パートナーズ 【東京】 ERP導入コンサルティングほか

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ