ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)ジーンズショップオサダ

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2018/06/08(金)

民事再生法申請

負債総額15億9521万円

静岡 ジーンズショップ経営ほか (株)ジーンズショップオサダ

~静岡県を中心に17店舗を展開~

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)ジーンズショップオサダ(TSR企業コード:430084951、法人番号:5080001008294、静岡市清水区江尻町14-50、設立昭和46年12月22日、資本金3000万円、長田輝忠社長、従業員165名)は6月8日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、保全監督命令を受けた。申請代理人は鈴木規央弁護士(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業、東京都千代田区内幸町2-2-2、電話03-5501-2166)。監督委員には澤田和也弁護士(馬場・澤田法律法律事務所、東京都港区虎ノ門1-4-2、電話03-5510-7703)が選任された。
 負債総額は債権者88名に対して15億9521万円。

 ジーンズ等のカジュアル衣料の販売を手掛けていた。静岡県内を中心に順調に店舗数を拡大し、平成18年8月期は売上高46億6758万円をあげていた。しかし、リーマン・ショックの影響で21年8月期の売上高は約42億1900万円と大幅に落ち込み、赤字に転落した。その後、一時的に売上高が回復し、黒字に戻ったが、ファストファッション系の登場により衣料品の値引合戦が始まったことや、静岡県内に大型の衣料品店が進出し競争が激化したことで売上高が再び減少。26年8月期には再び赤字に転落した。
 その後、静岡県外に店舗を進出する等して売上高の回復を図ったが、採算性が悪く計画通りに進まなかった。また、平成29年4月以後、在庫品を一度全額返品し、委託販売に切り替えることで資金繰り破綻を回避するなどの努力をしたが、売上高の減少に歯止めが掛からず、資金繰りを維持することができなくなり今回の措置となった。
 なお、30年6月8日付けで(株)KSG(TSR企業コード:297071181、法人番号:8010401090838、東京都港区)との間でスポンサー契約を締結しており、KSGからDIPファイナンス等の支援を受けながら事業の再建を図る意向。
 債権者説明会は6月13日(水)、午後2時からワイム貸会議室(東京都新宿区)にて開催予定。

全国最新トピックス

01月22日号
(株)ザ・クイーンズヒルゴルフ場 【福岡】 ゴルフ場経営
01月20日号
大興製紙(株) 【静岡】 クラフト紙製造ほか
01月19日号
(株)東洋食品 【広島】 豆腐及び豆腐関連品の製造
01月18日号
(株)光隆 【愛知】 工業用ゴム製品製造
01月14日号
(有)眞鍋 【愛媛】 繊維製品プリント

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ