ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > 一野辺製パン(株)

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2017/09/28(木)

破産開始決定

負債総額約8億2000万円

岩手 パン製造販売ほか 一野辺製パン(株)

~「イチノベパン」で有名~

一野辺製パンのリスクスコア推移(リスクスコアは「1」が続いていた)

 一野辺製パン(株)(TSR企業コード:170004120、法人番号:9400001007664、二戸郡一戸町一戸字越田橋44、登記上:同郡一戸町一戸字本町38、設立昭和31年4月、資本金4000万円、一野邊克彦社長)は9月21日、盛岡地裁に破産を申請し9月27日、破産開始決定を受けた。破産管財人には石橋乙秀弁護士(こずかた法律事務所、盛岡市菜園1-4-10、電話019-654-4757)が選任された。
 負債総額は約8億2000万円。

 昭和23年7月に創業したパン・菓子等の製造業者。「イチノベパン」ブランドで地元では高い知名度を有していた。34年8月、青森県八戸市に工場、40年12月には本社工場を新設して生産体制を強化し、岩手県北部と青森県八戸市近郊を営業エリアとしていた。また、和洋菓子や米飯、弁当、給食など扱い品を拡大、関連会社を設立するなど積極的に事業を展開し、ピークとなる平成7年頃には約41億円の年間売上高を計上していた。
 その後は消費の停滞や競合により減収に転じ、9年からは採算性を重視した合理化策に着手。低金利の設備資金や補助金を活用した資金調達に切り替え、生産ラインも八戸工場と本社工場にそれぞれ集約化を進めた。また、店舗内で製造する直営店の強化により採算性の改善を目指した。
 しかし、天候不順や大型スーパー・コンビニエンスストア向け納入品など価格面での競争が激化し、20年以降は連続して赤字を計上。社有不動産の売却を進め資金繰りを凌いできたが、限界に達し今回の措置となった。

全国最新トピックス

02月19日号
(有)シンサンカ 【沖縄】 内装工事
02月13日号
(株)ヤマサンセンター 【愛媛】 スーパーマーケット経営
02月12日号
中島オールプリシジョン(株) 【長野】 業務用プリンター、レジスター製造
02月08日号
(株)エイタロウソフト 【東京】 ソーシャルゲーム開発
02月07日号
(株)ウィズ・ワン 【東京】 注文住宅販売

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
TSR公式Google+

ページの先頭へ