ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)エマルシェ

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2017/02/27(月)

破産開始決定

負債総額約31億円

宮城 百貨店経営 (株)エマルシェ

~「さくら野百貨店仙台店」経営~

エマルシェが経営していた「さくら野百貨店 仙台店」

 (株)エマルシェ(TSR企業コード:291677851、法人番号:3370001009141、仙台市青葉区中央1-9-33、設立昭和53年3月、資本金1億円、安藤俊社長、従業員46名)は2月27日、仙台地裁へ破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。破産管財人には斉藤睦男弁護士(ひろむ法律事務所、同市青葉区大町1-2-1、電話022-223-2905)ほかが選任された。
 負債総額は債権者約520名に対して約31億円。

 百貨店の経営を目的として設立。仙台駅前の好立地であり、「仙台ビブレ」の屋号で宮城県内における知名度は広く浸透。衣料品店、スポーツ用品店などが1~7階まで入居し、若者を中心とした集客を図り、昭和61年2月期には売上高909億7117万円を計上していた。
 しかし、もともと採算は悪かったところ、62年2月期の大幅赤字によって債務超過へ転落。以降も同業他社との競争などから苦戦していたなか、平成13年9月、当時の親会社である(株)マイカル(TSR企業コード:570154022、大阪市中央区)に連鎖し民事再生法の適用を申請。その後は、大手金融グループからの支援などで当初計画より7年前倒しとなる17年6月に再生手続きを完了した。
 この間、14年9月から「さくら野百貨店仙台店」として巻き返しを図ったものの、バブル崩壊後の不況で減収に歯止めがかからず、23年2月期は売上高約86億3000万円に対して、赤字約1億8000万円と低迷。さらに、23年3月に発生した東日本大震災の被災により資金繰りが急激に悪化したうえ、仙台駅周辺の再開発やそれに伴う大型商業施設の新規開業による有力テナントの撤退が減収推移に拍車をかけた。
 28年2月期は売上高約79億3900万円、赤字約5億3800万円となったほか、それ以前より賃料未払いが表面化して地権者から建物明け渡しの訴訟を起こされる事態となっていた。28年3月にはテナントが撤退し資金繰りが逼迫するなか、29年2月26日付けで営業を停止した。
 なお、(株)さくら野百貨店(TSR企業コード:182029204、法人番号:2420001004724、青森市)とは資本関係、役員兼務などは一切なく、同社が経営する青森本店、弘前店、八戸店、北上店の4店舗は従来通り営業中。

全国最新トピックス

09月15日号
(株)プリントン 【東京】 オフセット印刷ほか
09月14日号
(株)總合企画アドバンス 【長野】 宴会場経営ほか
09月13日号
宇和特紙(株) 【愛媛】 衛生紙製品製造
09月13日号
(株)クリンテック 【愛媛】 衛生紙製品卸
09月10日号
丸駒温泉(株) 【北海道】 温泉旅館経営

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ