ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)太洋社

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2016/02/05(金)

自主廃業へ

東京 出版取次業 (株)太洋社

~中堅の出版取次業、(株)太洋社が自主廃業へ~

 (株)太洋社(TSR企業コード:290893208、法人番号:9010001049176、千代田区外神田6-14-3、登記上:中央区銀座2-2-20、設立昭和28年8月20日、資本金1億8000万円、國弘晴睦社長)は2月5日、自主廃業の準備に入った旨の通知を取引先へ送付した。

 昭和21年3月創業の中堅の出版物取次業者。書籍・雑誌のほかCDなどのメディア、雑貨などを扱い、ピーク時の17年6月期には売上高486億6721万円をあげていた。千代田区神田小川町と埼玉県戸田市に商品センターを設け、全国で1000店超える書店を得意先としていた。
 しかし、バブル経済崩壊以降の出版業界全体の需要減少に加え、インターネット通販や電子媒体普及により得意先の中小書店への売上が落ち込み、扱い出版物は次第に減少した。このため売上高は徐々に減少し、27年6月期は売上高171億2152万円にまで低落。16年6月期以降は経常赤字が継続し、10億円以上の繰越欠損を抱え、財務立て直しのため旧本社不動産(文京区)を売却していた。売上減少に歯止めがかからず、従業員のリストラや新狭山センター閉鎖などによる再建を模索したものの奏効せず、自主廃業へ向けた準備に入った。

 2月8日(月)午後3時よりベルサール汐留(東京都中央区)で取引出版社向けに説明会を開催予定としている。通知によると「事業の行く末を見据えると、いずれ自主廃業を想定せざるをえない」とし、28年2月末における資金繰りの手当は付いているものの今後、全資産の精査を行い、不動産を中心とする重要資産の換価と売掛金の回収徹底を図る。一方で、出版社向けの買掛金の支払いに万全を期すために今後、取引書店の同意を得たうえで別の取次業者への帳合変更を要請していくとしている。

全国最新トピックス

09月18日号
(株)大見屋 【愛媛】 スーパーマーケット業
09月17日号
(株)クリハラ 【宮城】 各種プラント機械製造・プラント設置工事
09月16日号
(株)Fグリップ 【広島】 家具小売
09月16日号
(株)豊栄サポートバンク 【福井】 注文住宅設計施工、住宅建売ほか
09月09日号
(株)ブライト・ビジネス・パートナーズ 【東京】 ERP導入コンサルティングほか

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ