ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)富士セービングバス

[東京] 旅客自動車運送業(株)富士セービングバス

破産開始決定負債総額8億4724万円

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2015.09.01

~高速バス「旅の散策バス」運行~

 (株)富士セービングバス(TSR企業コード:293137269、台東区上野6-1-1、設立昭和62年7月、資本金2億4800万円、飯田俊宏社長)は8月12日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には坂口季久夫弁護士(千代川法律事務所、港区新橋3-2-3、電話03-5510-1266)が選任された。
 負債総額は8億4724万円(平成25年6月期決算時点)。

 高速路線バス「旅の散策バス」の運行を手掛けていた。平成8年8月より金券ショップ運営を開始して本格稼働し、21年6月17日にはツアーバスを運行する関連会社(株)富士セービングバス(TSR企業コード:332227324、台東区)を吸収合併するとともに現商号に変更、金券ショップ運営と第2種旅行業におけるツアーバス運行で事業を展開していた。22年6月期には売上高28億3056万円をあげていたが、新規参入業者の増加で過当競争に巻き込まれ、25年6月期には売上高18億4218万円に落ち込み、収益も低調な状況が続いた。
 そのようななか、25年8月にはツアーバスが旅行業から乗合バス(高速路線バス)事業としての道路運送法適用に変更され、自社での停留所設置や運転手1人あたりの走行距離上限厳格化に伴う長距離運行の2人体制などで費用がかさむようになった。また、金券ショップも競合や交通機関のチケットレス化で売上が伸び悩んでいた。
 東京~大阪路線の運行業務を他社に事業譲渡し、金券ショップ事業からも撤退することでしのいできたが、業績悪化に歯止めがかからず、残りの東京~名古屋、東京~仙台の各路線も廃止、今回の措置となった。

記事の取扱いについて(サイトポリシーへ)

資料請求・お問い合わせはこちら。お気軽にお申込み下さい。

製品詳細・資料請求・お問い合わせに関して

製品に関する詳細情報、料金体系につきましては、「資料請求・お問い合わせ」ボタンをクリック後、以下の手順でお問い合わせください。

  1. お問い合わせ種別:「お問い合わせ」を選択
  2. お問い合わせの内容:「○○○」(任意:質問事項・要件など)とご記入
  3. ご連絡先:必要事項を入力し、送信してください。
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ