ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)三貴

[東京] 貴金属販売(株)三貴

民事再生法申請負債総額約120億円

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2014.07.31

~「ジュエリーマキ」「じゅわいよ・くちゅーるマキ」など運営 2度目の民事再生~

 (株)三貴(TSR企業コード:293699704、台東区浅草橋5-25-10、設立平成9年12月26日、資本金9000万円、木村和巨社長)は7月30日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は金森仁弁護士(山王法律事務所、千代田区永田町2-14-2、電話03-3581-9491)、監督委員には川島英明弁護士(川島法律事務所、千代田区神田駿河台3-3、電話03-3296-1691)が選任された。
 負債総額は約120億円だが、大半は平成21年1月に民事再生法を申請したときの旧債務と聞かれる。

 昭和44年に「銀座ジュエリーマキ」第一号店を東京・大井町にオープンしたのを発祥としている。その後、宝飾貴金属の店舗を全国に展開。「ジュエリーマキ」「じゅわいよ・くちゅーるマキ」等の店名でピーク時は全国1200店舗、従業員約6000名を抱え、平成7年2月期は売上高1853億円を計上。宝石貴金属の小売業者としては国内トップクラスの業容と知名度を誇っていた。
 しかし、多店舗展開に伴いバブル経済崩壊後は借入金が1664億円にまで拡大し、うち一部の債務がRCC(整理回収機構)に引き継がれていた。
 このため13年3月に営業権を新会社である当社に譲渡し、旧会社は商号変更した後に14年10月に特別清算を申請し、事業の再構築を行っていた。
 営業権を譲り受けた当社は14年2月期に売上高289億円をあげていたが、その後の消費の冷え込みなどから売上減少に歯止めがかからず、20年8月期は売上高205億3100万円にまで減少。リーマン・ショック以降は売上低下に拍車がかかり21年1月21日、負債総額約117億2500万円を抱えて東京地裁に民事再生法の適用を申請していた。
 その後は自主再建に取り組み、再生計画の認可決定から3年が経過し24年8月に終結となった。
 この間、不採算店舗の閉鎖や消費停滞などから業績は低迷し、25年3月期には売上高45億円に落ち込み、特別損失などで8億6620万円の赤字となった。26年8月期に入り店舗再編のため18店舗を閉鎖、現在の店舗数は49店舗となっていたが、ここにきて資金繰りは逼迫し、2度目となる民事再生法の適用を申請した。
 民事再生法190条では、「再生計画の履行完了前に、再生債務者について破産手続開始の決定又は新たな再生手続開始の決定がされた場合には、再生計画によって変更された再生債権は、原状に復する」としている。ただし、弁済分を含めて同一負債の再集計になり実態にそぐわない。弁護士によると「旧債務を除いた負債は集計中だが、負債額の大半は旧債務」とコメントしている。

記事の取扱いについて

資料請求・お問い合わせはこちら。お気軽にお申込み下さい。

製品詳細・資料請求・お問い合わせに関して

製品に関する詳細情報、料金体系につきましては、「資料請求・お問い合わせ」ボタンをクリック後、以下の手順でお問い合わせください。

  1. お問い合わせ種別:「お問い合わせ」を選択
  2. お問い合わせの内容:「○○○」(任意:質問事項・要件など)とご記入
  3. ご連絡先:必要事項を入力し、送信してください。
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ