ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > ソフトウエア興業(株)ほか4社

[東京] ソフトウェア開発ソフトウエア興業(株)ほか4社

破産開始決定負債総額約180億円

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2014.06.18

~オーナーが脱税容疑で逮捕~

 再度の資金ショートを起こし平成25年1月9日、行き詰まりを表面化させたソフトウエア興業(株)(TSR企業コード:291854133、千代田区神田須田町2-9-2、設立昭和50年8月25日、資本金50億円、浦野昇千社長)は債権者から破産を申し立てられ6月11日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には関戸麦弁護士(森・濱田松本法律事務所、千代田区丸の内2-6-1、電話03-5223-7759)が選任された。
 負債総額は約180億円が見込まれる。

 各種ソフトウェアの開発を行い、大手電機メーカーや通信会社などと取引していた。また、業容拡大に伴い各地に事業所を設置するとともに、関連会社を設立し、ピーク時の平成20年3月期には売上高310億5400万円を計上した。しかし、リーマン・ショックに端を発する急激な景気後退の煽りを受け、システム関連の設備投資が低迷するなどして、23年3月期には190億200万円まで落ち込んだ。  また、23年6月に関連会社のソフトウエア興業設備(株)(TSR企業コード:320795489、同所)が社員寮を建設する際の建設費の水増しや架空外注費などの計上で、法人税約2億3000万円を脱税した容疑で、創業者で実質的なオーナーであった丸山三郎氏が逮捕された。このため、同年8月、別会社に事業を移管し事業立て直しを進めていたが、対外信用も失墜するなどして受注が落ち込み、資金繰りが限界に達した。25年1月頃から事業は停止状態となり、「所有不動産の売却を進めて任意整理に入る」と説明していたが、債権者から破産を申し立てられた。
 なお、同時に関連会社4社も破産開始決定を受けた。
 関連会社4社は以下の通り。ソフトメーカ(株)(TSR企業コード:320661164、同所)、ソフトハウス(株)(TSR企業コード:293992410、同所)、蒲田ソフトウエア(株)(TSR企業コード:295690798、同所)、大阪ソフトハウス(株)(TSR企業コード:571250092、同所)。  債権届け出期間は8月16日まで。第1回債権者集会は9月22日午後2時30分より。

記事の取扱いについて

資料請求・お問い合わせはこちら。お気軽にお申込み下さい。

製品詳細・資料請求・お問い合わせに関して

製品に関する詳細情報、料金体系につきましては、「資料請求・お問い合わせ」ボタンをクリック後、以下の手順でお問い合わせください。

  1. お問い合わせ種別:「お問い合わせ」を選択
  2. お問い合わせの内容:「○○○」(任意:質問事項・要件など)とご記入
  3. ご連絡先:必要事項を入力し、送信してください。
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ