ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)インデックス

[東京] 携帯端末向けコンテンツ・ゲーム制作(株)インデックス

民事再生廃止決定

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2014.05.02

~ 元JASDAQ上場 (旧)日本振興銀行関連 ~

 平成25年6月27日、民事再生法の適用を申請した(株)インデックス(TSR企業コード:294286861、世田谷区池尻3-21-28、設立平成7年9月、資本金393億7946万円、落合善美社長)は4月30日、東京地裁から再生手続廃止決定を受け同日、保全管理命令が下った。保全管理人には監督委員を務めた長島良成弁護士(長島良成法律事務所、千代田区五番町5、電話03-5276-1321)が選任された。今後、破産手続きに移行する。

 携帯電話を中心とした端末向けのゲーム企画・開発・配信を主力事業として展開。M&Aでアニメ制作会社や通信関連機器メーカーなど子会社化しながら業容を拡大し、平成13年3月に店頭市場に登録、16年12月にジャスダック市場に株式を上場。ピークとなる16年8月期に売上高124億7485万円をあげ、連結・非連結・関係会社を合わせ、一時は100社以上の企業グループを形成した。
 しかし、グループの再編・統合により持株会社に移行して赤字が続くなか22年9月、投融資を行っていた旧:日本振興銀行(TSR企業コード:299000370、千代田区)が破綻し、債権の大半が焦げ付いた。その後、24年8月期の一部会計処理が誤っている可能性が発覚。25年4月に旧大証から株式の監理銘柄(確認中)の指定(四半期報告書提出により4月17日に指定解除)を受けた。
 同年6月に金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の容疑で、証券取引等監視委員会の調査を受けていた矢先の6月27日、東京地裁に民事再生法の適用を申請。7月4日、開始決定を受けた。  以降、25年11月に事業譲渡して得た配当原資により債権者への配当を行うべく手続きを進めていたが、連結財務諸表で23年8月期末(個別財務諸表では24年8月期末)より、債務超過に陥っていたことが判明。また、再生債権の損害賠償請求権を有する個別の株主の氏名、債権額の把握ができず、再生債権者および再生債権総額が不明なため、提出期限の5月9日までに再生計画案を作成する見込みが立たなくなり、今回の決定となった。

記事の取扱いについて

資料請求・お問い合わせはこちら。お気軽にお申込み下さい。

製品詳細・資料請求・お問い合わせに関して

製品に関する詳細情報、料金体系につきましては、「資料請求・お問い合わせ」ボタンをクリック後、以下の手順でお問い合わせください。

  1. お問い合わせ種別:「お問い合わせ」を選択
  2. お問い合わせの内容:「○○○」(任意:質問事項・要件など)とご記入
  3. ご連絡先:必要事項を入力し、送信してください。
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ