ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)レモール

[大阪] 看護師向け衣料ほか販売(株)レモール

民事再生法申請負債総額134億3150万円

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2013.09.25

(株)レモール(TSR企業コード:571175805、大阪市西区北堀江1-1-18、設立平成3年3月、資本金4000万円、米田保伸社長、従業員83名)は9月24日、大阪地裁へ民事再生法の適用を申請し同日、保全命令を受けた。申請代理人は山形康郎弁護士(弁護士法人関西法律特許事務所、同市中央区北浜2-5-23、電話06-6231-3210)、監督委員は延澤信博弁護士(延澤法律事務所、同市北区西天満6-1-12、電話06-6312-3053)。
負債総額は申請時点で134億3150万円。

平成3年3月に設立された後、休眠状態だったが、8年6月に旧会社の営業権を譲り受け看護師向け衣料品の通信販売事業を創業。その後、ベビー・マタニティー衣料のほか、ギフト事業にも手を広げ、業容を急速に拡大。15年3月期には年商100億円を突破し、その後もベビー・マタニティー衣料の直営店舗やアウトレット店舗なども出店して順調に販売を伸ばし、ピークとなる23年3月期には年商256億6064万円を計上していた。
しかし、この間、22年3月期決算で過年度にわたる在庫および借入残高の計上における不備を外部から指摘され決算資料の大幅な訂正を行ったことで、同期決算で22億3822万円の最終赤字を計上、財務内容は大きく後退した。この頃から業況悪化が鮮明となり、バンクミーティングを開催し取引金融機関に対して返済猶予を要請するなどして立て直しを図っていた。ところが、為替関連商品の導入に伴いデリバティブ損失も発生するなど25年3月期まで巨額の連続赤字計上を続け、同期で53億円もの債務超過に陥っていた。
対銀行関係が悪化するなかで、仕入先から一定の支援を取り付けて事業を継続。その一方で、25年8月には看護師向け衣料の販売事業を承継する新設会社(株)アンファミエ(TSR企業コード:576849200、本社同所)を会社分割で設立、同社を東証一部上場企業である(株)ベルーナ(TSR企業コード:310181828、埼玉県上尾市)に61億円で事業譲渡を行っていた。その後も事業の立て直しを進めていたが、10月以降の売上が予想を大きく下回る見通しとなり、関係先からの協力が得られない事態に発展。9月末の決済めどが立たなくなったため、今回の措置となった。

業績推移 売上高 当期利益(単位:百万円)
平成23年3月期 25,660 △552
平成24年3月期 21,933 △2,760
平成25年3月期 20,010 △2,650

記事の取扱いについて

資料請求・お問い合わせはこちら。お気軽にお申込み下さい。

製品詳細・資料請求・お問い合わせに関して

製品に関する詳細情報、料金体系につきましては、「資料請求・お問い合わせ」ボタンをクリック後、以下の手順でお問い合わせください。

  1. お問い合わせ種別:「お問い合わせ」を選択
  2. お問い合わせの内容:「○○○」(任意:質問事項・要件など)とご記入
  3. ご連絡先:必要事項を入力し、送信してください。
このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ