ホーム > 企業倒産関連記事 > データを読む > 2022年 > 米価が再び下落 値上げラッシュが続く食品の優等生に

米価が再び下落 値上げラッシュが続く食品の優等生に

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2022.06.17

 日本人のコメ離れが言われて久しい。コロナ禍から資源高、ロシアのウクライナ侵攻と、予期せぬ事態が相次ぎ、多くの食品を輸入に依存する日本は食品の値上げが連日マスコミを賑わせている。
 6月17日に農林水産省が発表した「令和3年産米の相対取引価格」によると、5月の玄米60kgの平均価格は1万2,702円で前月から95円値下がりした。在庫が豊富なコメが今後も安値圏が続くのか、食品の優等生となった米価に注目が集まっていた。


 コメは若者の米離れやコロナ禍での外食不振のあおりを受け、需要低迷が続いた。ところが、2022年4月の米価が前年1月以来、15カ月ぶりに上昇に転じたことが話題になった。前月から20円の値上がりと小幅だが、外食需要の回復や農水省の需給改善対策に加え、前年より取引が前倒しで行われたことなどが背景にあるとみられる。
注目された5月の米価だったが、1万2,702円と2カ月ぶりに値下がり、2019年産の2020年5月の1万5777円と比較すると3,075円も安い。古米を含むコメの在庫は豊富で、値上げが続く他の食品に比べ、価格急騰のリスクは低い。電気やガス、食品、木材、鉄など、あらゆる物価が上昇するなか、家計に優しいコメに消費者の目を向けるチャンスが訪れている。

米の相対取引価格


最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ