ホーム > 最新記事 > データを読む > 2021年 > 事業再生ADR手続き中のサンデンHD、ハイセンスグループがスポンサーへ

事業再生ADR手続き中のサンデンHD、ハイセンスグループがスポンサーへ

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.03.02

 2020年6月に事業再生ADRを申請し、再建計画を策定中のカーエアコン部品製造大手、サンデンホールディングス(株)(TSR企業コード:270023828、東証1部、以下サンデンHD)は3月1日、中国の家電メーカー・海信家电集团股份有限公司(ハイセンス・ホーム・アプライアンス・グループ)との間で、株式引受契約を締結したと発表した。

 ハイセンスグループ傘下の特定目的会社に払込総額約214億円の第三者割当増資を実施。割当先がサンデンHDの74.88%の筆頭株主となる。サンデンHDは、調達する資金(差引手取概算208億7,300万円)のうち141億4,000万円を構造改革に使用し、67億3,300万円を成長投資に充てる。

 ハイセンスグループは中国・山東省に本社を置く家電メーカー。テレビやエアコン、洗濯機などの生活家電を中心に取り扱い、2019年度の連結売上高は日本円で1兆6,142億円。日本法人を通じて「ハイセンス」ブランドの家電販売を日本国内で展開するほか、2017年11月には東芝グループのテレビ部門だった東芝映像ソリューション(株)(TSR企業コード:180060694)を買収し、95%の筆頭株主となった。ハイセンスグループは車載関連事業の拡大を企図していた。

 サンデンHDの事業再生ADR手続きは、2020年12月11日に第2回債権者会議(協議)の続会を開催。ただ、新型コロナウイルスの影響などもあり、再生計画案の策定に時間を要し、2021年3月12日に第2回債権者会議の再続会を予定するなど、当初スケジュールから延長したことで先行きに注目が集まっていた。

 サンデンHDの担当者は東京商工リサーチの取材に対し、「(ハイセンスグループとのスポンサー契約は)現状は増資引受契約を締結したのみで、経営陣の交代などの具体的な内容についてはこれからとなる。ADR手続きは今回の契約を再建計画の柱としてスケジュール通りに進む見込みと考えている」とコメントした。
 4月27日開催予定の第3回債権者会議で事業再生計画案の決議を目指している。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2021年3月3日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ