ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > スポンサー選定急ぐレナウン 560店舗を閉店、連結子会社5社が事業閉鎖

スポンサー選定急ぐレナウン 560店舗を閉店、連結子会社5社が事業閉鎖

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.08.05

 5月15日に民事再生法の適用を申請し、再生手続きを進めている(株)レナウン(TSR企業コード:295833440、江東区)が、事業を縮小していることがわかった。
 連結子会社11社のうち、すでに2社が倒産、5社が事業を閉鎖したほか、7月末に560店舗を閉鎖した。スポンサー選定に向け、不採算事業を縮小し、事業価値を高める動きとみられる。

 現在、事業継続はレナウン本体のほか、下着などを扱う(株)レナウンインクス(TSR企業コード:295423331、江東区)、衣料品販売の(株)REDUインターフェイス(TSR企業コード:292341997、大田区)、保険代理業の(株)レナウンエージェンシー(TSR企業コード:291357725、江東区)の3社。
 6月に民事再生法の適用を申請した(株)ダーバン宮崎ソーイング(TSR企業コード:900082968、宮崎県、紳士服製造)は事実上、事業が止まっている状況だ。このほか、10年以上前に休眠していた(株)ローゼ(TSR企業コード:750022655、江東区、破産開始決定、婦人服製造)は7月30日、東京地裁から破産開始決定を受けた。
 事業を閉鎖したのは、物流や清掃などの(株)レナウンハートフルサポート(TSR企業コード:297304020、江東区)、品質検査などの(株)レナウンアパレル科学研究所(TSR企業コード:294239430、品川区)のほか、(株)アズール(TSR企業コード:153035080、福島県西会津市)とブレードブレー(株)(TSR企業コード:150052553、福島県白河市)も6月末で工場の操業を停止している。また、香港の海外子会社も事業活動を休止した。

 レナウンの担当者は、「(2019年末は2,000店舗あったが)7月末時点の店舗数は約1,300店舗になった。8月も不採算店舗などを閉鎖し、収益性をあげていく」とコメントした。
 現在、複数のスポンサー候補と事業譲渡を交渉中で、ブランドや事業を分割してスポンサーに譲渡する方法も視野に入れているとみられ、レナウンの再建はヤマ場を迎えている。

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ