ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > 4月の「手形・小切手の不渡・取停猶予」は92枚

4月の「手形・小切手の不渡・取停猶予」は92枚

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.05.20

 5月19日、全国銀行協会(以下、全銀協)が「新型コロナウイルス」の影響で、「不渡報告への掲載・取引停止処分が猶予された」手形・小切手の2020年4月実績を公表した。
 4月に記載が猶予された枚数は92枚、金額は1億7,357万円だった。

 2011年3月の東日本大震災でも同様の対応が実施され、同年3月の青森県・岩手県・宮城県・福島県・茨城県の5県の枚数は931枚(金額7億7,130万円)だった。これに比べると、新型コロナによる不渡・取引停止処分の猶予枚数は僅少にとどまっている。
 不渡・取引停止処分猶予は、新型コロナの感染拡大に伴う資金繰り支援策として、金融庁と日本銀行が全銀協に要請していた。これを受け、全銀協は4月16日に「手形交換所における手形交換に関する特別措置の実施」を全国の手形交換所に通知していた。


 2020年の手形交換高は、1月、2月とも前年同月を下回ったが、新型コロナの影響が深刻になった3月は420万9,000枚(前年同月346万6,000枚)と、前年同月より21.4%増加した。ただ、手形・小切手の不渡は1,560枚(同726枚)と2倍増したが、取引停止処分は157枚(同178枚)と、減少に転じている。
 また、同日、(株)全銀電子債権ネットワークも、でんさい(電子債権)の「新型コロナウイルス感染症の影響による支払不能処分の猶予状況」(2020年4月実績)を公表したが、件数はゼロだった。

 (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2020年5月21日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

1-3月「手形交換高・不渡手形・取引停止処分」状況

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ