ホーム > 最新記事 > データを読む > 2019年 > 野菜卸のエル・ワイ産業、給料未払いの発覚で任意整理へ

野菜卸のエル・ワイ産業、給料未払いの発覚で任意整理へ

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2019.11.14

 野菜卸の(株)エル・ワイ産業(TSR企業コード:294340734、大田区)は、11月11日までに任意整理を川窪仁師弁護士(川窪総合法律事務所、大阪市西区西天満4-10-5、電話06-6314-2373)に一任したことがわかった。
 エル・ワイ産業の窓口として対応している特別顧問の男性は、「法的清算でなく、あくまで任意整理を弁護士に一任した。売掛金を回収し、遅れている給料を優先的に支払う方針。事業を大幅に縮小し、貿易業務で(会社を)続けていきたい」と説明した。

 エル・ワイ産業は、海外の輸入青果物を中心に取り扱う卸売業者。食品問屋に加え、大手飲食店などを中心に販路を形成している。さらに、食品スーパー「モールズマーケット目白店」(新宿区)を運営するほか、2017年にはカット野菜事業を買収し、2018年7月期には売上高34億9,500万円をあげていた。
 だが、従来の低収益を改善できないまま事業が拡大し、借入金に頼った資金繰りが続いていた。2019年4月には東京都が社有不動産を差押(同年5月解除)したことで逼迫した資金繰りが表面化。同年6月には一部の従業員への給料未払いが発生していた。さらに、主要仕入先だった中国企業への支払い遅れも発生し、返済を巡る協議が物別れに終わった。こうした事態を背景に、10月下旬に中国企業が約54万ドル分のエル・ワイ産業の売掛金を仮差押したため、資金繰りが維持できなくなった。
 従業員120名の大半は、今後解雇される予定。「モールズマーケット目白店」は11月12日、閉店している。中国人など外国人従業員が未払い賃金の支払いを求め、本社に詰めかけており、特別顧問らが対応している。
 11月13日、従業員に向けて「未払い賃金の一部は11月18日に送金予定。6月から9月分までを最優先し、10月分については約120人分で割り算する」とし、「売掛金の回収が進めば11月末に2回目の支払いをする」旨を通知したが、混乱が続いている。

エル・ワイ産業が運営していた「モールズマーケット目白店」

‌エル・ワイ産業が運営していた「モールズマーケット目白店」

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年11月15日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ