ホーム > 最新記事 > データを読む > 2019年 > 「横浜銀行と千葉銀行のメインバンク」調査

「横浜銀行と千葉銀行のメインバンク」調査

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2019.07.10

 7月9日、横浜銀行と千葉銀行が業務提携を検討していることを両行が発表した。
 国内151万4,056社(2018年3月末時点)のうち、横浜銀行をメインバンクとする企業数は1万7,937社で全銀行のうち10位だった。千葉銀行は、2万2,189社で6位。単純に両行のメインバンク数を合算すると4万126社に達し、りそな銀行(3万6,858社)を上回り、3メガバンクに次ぐ4位に躍り出る。
 神奈川県に本社を構える企業のメインバンクでは、横浜銀行が他を圧倒し1万6,427社(県内シェア22.1%)でトップ。千葉銀行は16社(同0.02%、49位)とわずか。一方、千葉県内の企業では、千葉銀行は2万1,093社(同41.3%)と4割強を占める。横浜銀行は17社(同0.03%、39位)で、両行共に地盤とする県では営業エリアが重複することは少ない。
 東京都内に本社を構える企業では、3メガバンクが高いシェアを持つ。横浜銀行は都内では1,265社(同0.5%、19位)、千葉銀行は782社(同0.3%、26位)と競争が激しい。
 マイナス金利で銀行の業績は厳しさを増している。首都圏の地銀の両雄である横浜銀行と千葉銀行の業務提携が大きなインパクトがある。今後、銀行の統合や提携が加速していきそうだ。


  • 本調査は東京商工リサーチの企業データベースから2015年-2018年の各3月末のメインバンクを集計、分析した。
    商号変更や統合などは2018年6月末に合わせた。メインバンクが複数の場合、最上位行をメインバンクとして集計。

全国メインバンク取引社数ランキング

2018年 都県別メインバンク取引社数ランキング

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ