ホーム > 最新記事 > データを読む > 2019年 > 鳥貴族、上場後初の赤字へ

鳥貴族、上場後初の赤字へ

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2019.03.08

 (株)鳥貴族(TSR企業コード:571700365、大阪市浪速区、東証1部)は3月8日、2019年7月期中間決算と通期業績予想の修正を発表した。通期業績は黒字予想から一転、当期利益を3億5600万円の赤字予想とした。価格改定後の売上不振のほか、不採算店の閉鎖費用が嵩み通期業績予想を下方修正した。当期利益が赤字になるのは上場後、初めて。
 2019年7月期通期の業績予想は、売上高358億6400万円(前回予想比5.5%減)、営業利益6億7800万円(同61.1%減)、経常利益6億800万円(同63.0%減)、当期利益▲3億5600万円(前回予想7億4700万円の黒字)と大幅な下方修正となった。

 2021年7月期に「3商圏1000店舗」の目標を掲げていたが、人件費等のコスト増から2017年10月に28年ぶりの価格改定を実施した。だが、この値上げで客足が遠のき、台風21号の営業日減も響いた。
 店舗の再構築を進め、21店舗の閉鎖を予定している。このため業績予想を下方修正し、中期経営計画「うぬぼれチャレンジ1000店舗・営業利益率8%」は「営業利益率8%」を残し、取り下げることも決議した。
 目標達成のため、(1)店舗網、(2)「鳥貴族」ブランド、(3)コスト管理体制、の再構築を進めて行くことを検討している。鳥貴族の担当者は、「地区限定の日替わり商品の提供やフェアメニューの展開で客数回復を目指していく」とコメントした。

 2019年7月期中間決算は、売上高178億4300万円(前年同期比8.1%増)、営業利益3億5900万円(同59.7%減)、経常利益3億4000万円(同60.2%減)、四半期純利益5300万円(同90.2%減)と増収減益でも黒字を維持していた。

このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ