ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > サマンサタバサリミテッド、店舗数が大幅減

サマンサタバサリミテッド、店舗数が大幅減

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.10.22

  女性向け服飾雑貨を展開する(株)サマンサタバサジャパンリミテッド(TSR企業コード:293842310、東京都港区、東証1部、以下サマンサ)の2019年2月期第2四半期決算説明会が19日、都内で開催された。事業再編による出店戦略の見直しで店舗網を大幅に縮小し、第2四半期累計売上高(連結)は140億1,100万円(前年同期比11.6%減)、当期純利益は広告宣伝費の削減などで2億9,800万円(前期は4億4,000万円の赤字)だった。
 通期の売上高は279億800万円(前期比13.2%減)と期初予想を据え置いた。当期純利益は3億400万円の黒字(前期は36億6,900万円の赤字)を見込んでいる。
 サマンサは今期(2019年2月期)に入り、抜本的な不採算店舗の見直しを実施している。公表資料では、店舗数は2018年8月現在の国内店舗は317店(アパレル部門とバッグ・ジュエリー部門合計)で、18年2月から33店減少している。メインのバッグ・ジュエリー部門は17年2月の300店をピークに減少に転じ、248店に減少している。
 20〜30代女性がメインターゲット層の「ウィルセレクション」、「スウィングル」等のブランドを持つアパレル部門は18年8月現在、69店舗で18年2月から2店舗減少。15年2月の121店から4割以上の大幅減少となっている。
 菅原隆司・常務取締役は、2018年第2四半期の累計業績を「店舗維持のレギュレーション(基準)を厳しく見直した。選択と集中による事業再編を大掛かりに行った結果」と総括。一方、商品調達のコスト削減と既存メディアからSNSへのPR体制移行など広告宣伝費の見直しなどで販売管理費を前年同期比16.3%削減し、「経営のスリム化」を強調した。
 説明会後半に寺田和正・代表取締役社長が登壇し、人材育成に向けて新卒を除く全ショップスタッフ1,500人と直接面談しているトピックを披露した。設立25周年の2019年は記念のプロジェクトを予定。「原点回帰」を掲げるサマンサにブームが再燃するか、注目される。

サマンサタバサリミテッドの店舗数推移

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年10月19日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ