ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 「マジックバルブ」販売元のラブロス(東京)、本社を退去

「マジックバルブ」販売元のラブロス(東京)、本社を退去

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.10.04

 新聞やテレビ等で紹介され話題になったLED電球「マジックバルブ パっと!」(以下、マジックバルブ)の販売元である(株)ラブロス(TSR企業コード:294227989、東京都)と連絡が取れない状態が続いている。取引先の一部に対する債務の支払いが遅延しているとの話も聞かれる。ラブロスの取引先の一社は東京商工リサーチ(TSR)の取材に対し、詳細はわからないとした上で「今年に入り事業を停止している。社長は別会社を設立し、事業を始めているようだ」と話す。
 ラブロスの金山和男社長は、かつて東京・秋葉原を拠点にパソコン、パーツショップ「T・ZONE」を全国展開していた(株)亜土電子工業(現・(株)MAGねっとホールディングス、TSR企業コード:291431275、東京都)の創業者。金山社長はT・ZONEを国内に約30カ所、海外に10カ所ほどを展開したが、業績不振から1999年に社長を辞任している。
 その後、2000年にラブロスを設立すると停電時に自動点灯するLED電球「マジックバルブ」を開発。これが2011年の東日本大震災で災害時に役立つと評判になり、マスコミ取材が殺到した。新聞や雑誌、テレビなどで取り上げられ、2012年3月期の売上高は約5億4100万円に拡大していた。
 ところが、その後も新商品を次々に発表するも尻すぼみで、近年は赤字が散見される厳しい経営から抜け出せずにいた。取引先によるとマジックバルブに続く商品として期待された直管LED「マジックチューブ」は、相当数の余剰在庫を抱えていたという。このため2016年にニュー秋葉原センター内の直営店を閉鎖し、インターネット通販で営業を続けていた。
 9月26日、ラブロス本社を訪問したが、すでに別のテナントが入居していた。関係筋によると今年3月頃に事務所を撤退したという。TSRは金山社長に取材を申し込んでいるが、10月3日までに連絡はなかった。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年10月5日号に掲載予定「SPOT情報」を再編集)

 TSR情報とは


最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ