ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 音楽雑誌を発行のグラインドハウス 未払いが表面化

音楽雑誌を発行のグラインドハウス 未払いが表面化

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.09.07

 国内外のミュージシャンのインタビュー、ライブレポートなどを掲載するフリー(無料)マガジン「GrindHouse Magazine」を隔月で発行する(有)グラインドハウス(TSR企業コード:296354708、東京都目黒区)が債務の支払い遅延を引き起こしていることが東京商工リサーチ(TSR)の取材でわかった。
 従業員給与や取引先への支払いが一部滞っている。「GrindHouse Magazine」は、2017年頃から発刊スケジュールも乱れている。

代表は著名な音楽ライター

 グラインドハウスは、音楽ライターとして著名なA氏が代表を務め、音楽雑誌の発行やロックイベントの企画のほか、音楽レーベルとしてCD制作なども手掛けている。
 A氏は1980年代にフリーの音楽ライターとして独立。世界的な人気ロックバンドの METALLICA(メタリカ)やRED HOT CHILI PEPPERS(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、GREEN DAY(グリーン・デイ)、LINKIN PARK(リンキン・パーク)などをいち早く日本で紹介したことで知られる。
 2000年に有料の音楽雑誌として創刊。フリーマガジンへ移行した2012年以降は隔月の発行体制となっている。愛知を中心に複数のFM局で放送のラジオ番組「GrindHouse FM」でパーソナリティーを務めるほか、音楽番組などに出演するなど各メディアで活躍している。

給与未払いで裁判も

 一見華々しい経歴にみえるが、経営するグラインドハウスの資金繰りは厳しいようだ。
 TSRが取材を進めると、取引先や記事のライティング業務を委託するライターに未払いが発生していることがわかった。2018年7月には東京地裁からグラインドハウスに元社員1名へ未払い給与227万円の支払いが命じられている。また、CD制作を巡っても、参加したミュージシャンらへの報酬支払いがトラブルに発展しているようだ。
 各方面への未払いが発覚する中、グラインドハウスが運営を委託していた公式ホームページ(HP)は、2018年6月を最後に更新が止まっている。関係者によると、入金が2017年春から一度もなく、A氏に複数回にわたり支払いを催促したが明確な説明はなかったという。この関係者は、「支払い額の減額を提案しても対応がなかった」と落胆している。
 TSRの取材で、取引先への未払いは少なくとも4社。元従業員への給与未払い金は少なくとも3名にのぼることがわかった。
 この他、CD制作に携わったミュージシャンへの未払いを含めると、未払い金の総額は相当な金額にのぼるとみられる。
 TSRはグラインドハウスに訪問と電話でコンタクトを試みているが、連絡が取れない状態が続いている。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年9月10日号掲載予定「WeeklyTopics」を再編集)

TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ