ホーム > 最新記事 > データを読む > 2019年 > 追跡第9弾! ケフィア 現金がわずか5,500万円、かぶちゃん農園の責任追求へ

追跡第9弾! ケフィア 現金がわずか5,500万円、かぶちゃん農園の責任追求へ

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.09.05

 9月3日、(株)ケフィア事業振興会(TSR企業コード:298080745、以下ケフィア)と関連3社が、負債総額1,053億3,706万円を抱えて東京地裁から破産開始決定を受けた。4社の債権者数は3万3,747名に及ぶ。
 ケフィアの破産申立書によると、2018年6月末時点の資産簿価は484億448万円。現預金は5,477万円しかなかった。「柿」などの商品在庫額も3,252万円にすぎない。
 残りの資産は、かぶちゃん農園(株)(TSR企業コード:296009326、長野県)などグループ向け売掛金(約26億円)、貸付金(約248億円)のほか、「商標権」が約19億円。「顧客情報」も資産として約47億円を計上していた。
 こうした資産の大半は回収が困難とみられる。だが、ケフィアはホームページに決算書の要旨しか掲載せず、会員を安心させていた。

破産の告示書をみる会員(ケフィア本社、9月撮影)

破産の告示書をみる会員(ケフィア本社、9月撮影)

破産に至った原因

 破産申立書には、システム移行に伴う支払遅延のトラブル急増と、「東京商工リサーチ等により、申立人に関する記事が立て続けに掲載され」、などと原因を記載している。
 同時に、ケフィアグループ被害対策弁護団が入金用口座の一部を凍結し資金繰りが逼迫したとしている。新規の入金がなければオーナー制度などの支払いができない自転車操業だったことを、自ら明らかにした格好だ。
 いずれも自ら招いた無責任な会員への対応が原因で、最後まで責任転嫁に終始している。

かぶちゃん農園が外れたケフィアグループ

 ケフィアの破産申立書にはケフィアグループとして45社(今年6月20日時点)が記載されている。だが、6月時点のケフィアのホームページにグループ会社として掲載されていた「かぶちゃん農園」など一部企業が、申立書にはケフィアグループとして記載されていない。
 申立書に記載されなかったのは、ケフィアの鏑木秀彌社長の息子である鏑木武弥氏が代表を務める会社が大半だ。鏑木武弥氏は、ケフィアと同時に破産したかぶちゃんメガソーラー(株)(TSR企業コード:298206870、長野市)の代表を破産直前の今年7月25日に辞任している。申立書記載の45社のうち、鏑木武弥氏が代表を務める会社は2社にとどまる。
 表裏一体の関係である「かぶちゃん農園」や鏑木武弥氏の責任を破産管財人などが追及していくとみられる。


 ケフィアグループ被害対策弁護団は、「ケフィア代表の鏑木秀彌氏や息子の武弥氏、かぶちゃん農園などのグループ会社は破産を申請しておらず、資産の隠匿が強く懸念される」と指摘する。今年6月末時点で、かぶちゃん農園にはケフィアに10億円を超える未払い広告料が残っている。かぶちゃん農園など、グループ会社と資金の流れの解明が急務になっている。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年9月6日号掲載予定「取材の周辺」を再編集)

TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ