ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 大塚家具 、約20年ぶり金融機関から資金調達

大塚家具 、約20年ぶり金融機関から資金調達

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.08.09

 3期連続の赤字見通しを発表した(株)大塚家具(TSR企業コード:291542085、江東区、大塚久美子社長)が今年6月、約20年ぶりに金融機関から資金調達していたことがわかった。大塚家具が東京商工リサーチ(TSR)の取材に明らかにした。

 借入額は数億円とみられる。7月には返済しており、現在は無借金に戻っている。
 大塚家具は1999年上期以降、無借金経営を続けていた。今回の資金調達は、手元資金の減少と再建に向けた資金に厚みを持たすことなどが目的とみられる。
 大塚久美子社長は金融機関からの資金調達について、「必要なら借りるし、必要でなければ借りない」とこれまで言明していた。だが、赤字から抜け出せず現預金が減少し、手元資金も乏しくなっていた。銀行からの資金調達が実行されず、「借入できない理由があるのではないか」と一部で憶測を呼んでいた。

提携交渉に影響も

 大塚家具は、複数の銀行から50億円のコミットメントライン契約を締結している。契約は、「今でも有効」(大塚家具の担当者)という。抜本的な改革に向けて今後も弾力的に借入枠を活用するとみられる。
 無借金経営から転換したことで、独自での資金計画が立てやすくなった。(株)ティーケイピー(TSR企業コード:296456853、新宿区)など、他社との提携交渉も急ぐ必要はなく、長期化する可能性が出てきた。
 大塚家具の現預金は、業績悪化で2015年12月末の約110億円が2018年3月末には約10億円まで減少していた。
 一方で、銀行から資金を調達したことでキャッシュアウトに歯止めがかかっていないことが露呈したともいえる。だが、「無借金」による不安定な資金繰りより、安定化のため一定の資金調達を望む取引先も多かったのも事実だ。また、手元資金が不十分な状況で、再建計画の策定を疑問視する声もあがっていた。
 8月7日のリリースで、年間配当も1株10円から未定に修正した。赤字でも多額の配当を続けた大塚家具だが、配当方針も現実路線に変更したようだ。

大塚久美子社長(今年3月撮影)

大塚久美子社長(今年3月撮影)

 ブランドに固執し、無借金や高配当という呪縛が解けなかった大塚家具。窮余の一策なのか、ここにきて変化の兆しもみえてきた。次は、大塚久美子社長の新たな再建策が現実路線を選ぶのか注目される。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年8月10日号掲載予定「取材の周辺」を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ