ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 大塚家具 注目の上期決算を8月14日に発表予定

大塚家具 注目の上期決算を8月14日に発表予定

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.08.03

 2018年12月期第1四半期(1-3月)が9四半期ぶりに黒字転換した(株)大塚家具(TSR企業コード:291542085、江東区、大塚久美子社長)だが、売上不振から抜け出せていない。
 大塚家具が2月8日に発表した2018年12月期第2四半期(上期)の業績予想は、売上高216億8,700万円(前年同期比1.4%増)、営業赤字8億3,000万円、当期利益は4億7,000万円と強気だった。
 だが、店舗売上高は不振が続いている。同期第1四半期の売上高は前年同期比で10.7%減。その後も店舗売上高は4月87.4%、5月90.2%、6月82.6%と前年を割り込んでいる。
 営業利益は同期第1四半期で14億1,900万円の赤字。2018年4-6月で5億8,900万の営業黒字を達成しないと上期の業績予想を下回る計算になる。
 8月14日、大塚家具は上期決算を発表する予定だ。業績予想をどうするか注目される。

売上不振が続く

 2018年12月期第1四半期の売上高は91億2,133万円と前年同期比10.7%減と大幅に落ち込んだ。次世代店舗網の構築やイメージ改善が遅れ、大型店の不振が響いたのが要因だ。
 単純計算でも上期の業績予想の売上高に達するには125億6,600万円が必要になる。だが、店舗売上高の不振が続く中、前年同月を上回った月は今年に入り一度もない。
 6月16日の会見で、大塚社長は「計画より下回っている。引っ越し需要が弱かった。買い替え需要も少しやれなかった」と売上の回復が遅れていることを認めた。

コスト削減を進めるが、売上減がどう響くか

 経費や家賃の削減を進め、2018年12月期の第1四半期の営業利益は14億1,900万円の赤字ながら前年同期より赤字幅が縮小した。
 しかし、今期は店舗売上高の不振が続き、コスト削減の効果を打ち消す可能性もある。上期予想の営業赤字8億3,000万円のハードルは高い。
 第1四半期は一過性の特別利益14億8,050万円を繰り入れ、当期利益は黒字に転換した。上期の当期利益は4億7,000万円の黒字予想だ。予想数値を計上できるか注目される。

大塚久美子社長(3月撮影)

大塚久美子社長(3月撮影)

 当初、上期の決算発表は8月10日を予定していた。ところが、その後、45日ルール期限ぎりぎりの8月14日に予定を変更した。
 大塚社長は「自分の手で黒字化」と今年2月にコメントした。業績予想の下振れは経営責任を問われかねない。大塚家具の将来を見通すためにも、上期の業績数値が持つ意味は小さくない。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年8月7日号掲載予定「Weekly Topics」を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ