ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 輸入家具販売のアイデックが破産へ

輸入家具販売のアイデックが破産へ

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.08.01

 200年の歴史を誇る世界的な家具メーカー、THONET社(ドイツ)の国内販売代理店として知られる(株)アイデック(TSR企業コード:291491855、渋谷区)が8月1日、突然ホームページで廃業したことを公表した。すでに連絡は取れず、8月1日朝から東京商工リサーチ(TSR)に取引先からの問い合わせが多く寄せられていた。その後の取材で破産手続きを井上玲子弁護士(大空法律事務所、東京都港区)に一任していることがわかった。
 アイデックは、THONET(トーネット)社を中心に、ヨーロッパ家具の輸入を手がけ、半製品を小山工場(静岡県)で組み立て自社ブランドでの販売も行っていた。
 1997年8月期の売上高は29億1,100万円を計上し、外食産業向けの販売が好調に推移していた。その後、深刻な消費低迷と為替変動の影響で業績が悪化。2011年8月期の売上高は9億6,100万円に落ち込み、当期純利益は約1億円の赤字を計上していた。このため、販売体制の強化を急いだが業績不振から抜け出せず、2017年8月期の売上高は9億6,500万円にとどまり、赤字経営が続いていた。

 8月1日、アイデック本社のドアには「7月31日をもちまして閉店することになりました。大変ご迷惑をおかけしていることを心から謝罪いたします」と書かれた紙が張り出されていた。本社事務所の電気は消え、社員の姿もない。ただ、従業員のものとみられるジャケットがハンガーに掛けられたままで、慌てて閉鎖した様子がうかがえる。同日、大阪営業所を訪ねると、貼り紙などは何もないものの、入口シャッターは閉まり呼びかけに応答はなかった。
 関係者によると、「前日まで普通に営業していた。今朝、真っ暗ななか貼り紙を見つけて鳥肌がたった」と驚きを隠さなかった。また、別の取引先は、「突然、連絡が取れなくなり困っている」と困惑した顔で話している。

アイデック本社の貼り紙(8月1日撮影)

アイデック本社の貼り紙(8月1日撮影)

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ