ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > アメリカ商務省、ZTEへの制裁を解除

アメリカ商務省、ZTEへの制裁を解除

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.07.18

 7月13日、アメリカ商務省はZTE Corporation(DUNSナンバー:65-460-8660、本社中国、以下ZTE)に発動していた制裁を解除した。アメリカ商務省は、ZTEがイランなどに通信機器を違法に輸出していたとして輸出制限の対象者に指定する措置を発動。その後、制裁金の支払いなどで和解したが、ZTEが和解内容の一部を十分に履行していないとして今年4月、取引禁止顧客リストに掲載していた。
 ZTEの日本国内での営業は、ZTEジャパン(株)(TSR企業コード:297399250、東京都)が担っている。ZTEが取引禁止顧客リストに掲載されて以降、東京商工リサーチ(TSR)にはZTEジャパンの取引先から資金繰りなどへの影響の問い合わせが寄せられていた。
 取引禁止顧客リストに掲載後の5月、ZTEジャパンの担当者はTSRの取材に対し、「(国内大手通信キャリアは)すでに出荷した分は販売を継続しているが、新しい発注は控えている」と語り、制裁が日本事業に影響を与えていることを認めていた。
 7月18日、再度TSRの取 材に応じたZTEの担当者は、「これから供給体制が整ってくることになり、顧客と調整している。取引先への支払いは(制裁中も)重視していたが、これからも最優先で対応する」とコメントした。また、グローバルでの正式なアナウンスを現在準備中で、来週初めまでにリリース予定との認識を示した。
 ZTEジャパンの2017年12月期の業績は、売上高210億3,592万円、経常利益2億6,264万円、当期純利益1億3,514万円。自己資本比率は6.9%となっている。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年7月19日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ