ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 大塚家具 有明本社ショールームをリニューアル

大塚家具 有明本社ショールームをリニューアル

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.06.18

 6月16日、(株)大塚家具(TSR企業コード:291542085、江東区)の有明本社ショールームがリニューアルオープンした。これに先立ち6月15日、大塚久美子社長が報道陣にリニューアルのコンセプトを説明した。
 販売不振が続く大塚家具は、超大型の旗艦店舗である有明本社ショールームの再構築を進めていた。
 大塚社長は、顧客は「単品買いにみえても実はまとめ買いも多い」と分析。インターネットで買い物の情報収集するお客にも来店してもらえるように「暮らしを提案し、プロフェッショナルによる接客サービスの充実を図る」と意気込みを語った。

説明する大塚久美子社長(6月15日撮影)

説明する大塚久美子社長(6月15日撮影)

 大塚社長は終始、笑顔を絶やさず有明本社ショールームの特徴を報道陣に説明した。
 3F入口にある「住まいるステーション」の大幅リニューアルは、店舗や商品の案内だけでなく「インテリアアドバイザー」による家具の案内などで提案力を高めたという。
 商品展示の位置を変更し、わかりやすく「Topics」、「理想を叶えるインテリア」、「暮らしをデザインする」、「ぐっすり眠れるインテリア」、「暮らしを整える収納アラカルト」の5つのゾーンを設置した。
 照明コーナーの「ライタリウム」もリニューアルした。照明展示では国内最大級を誇り、個人客だけでなく建築士など建築やホテル、デベロッパー向けにも対応できる商品揃えになっている。

売上げ落ち込みでも利益改善は続く

 ショールームでの説明後、大塚社長は報道陣との質疑応答に応じた。報道陣からリニューアルなどの取り組みが業績に結び付くかを問われると、「積み重ねで少しずつ効果が出てくる」と余裕をみせた。売上高は「計画より下回っている。引っ越し需要が弱かった。買い替え需要も少しやれなかった」と回復の遅れを認めた。ただ、利益は「経費や家賃の削減を進め、改善が進んでいる」とコメント。また、「今も無借金経営。必要なら借りるし、必要でなければ借りない」と従来の姿勢に変更がないことを改めて示した。

 大塚家具の2018年12月期第1四半期は、特別利益で9四半期ぶりに最終黒字を計上した。中間決算は前年同期比1.4%増収を見込むが、第1四半期は同10.7%減となっている。中間決算の計画達成に今回のリニューアルがどこまで結び付くか。来年、創業50周年を迎える節目に、大塚社長の手腕が問われている。


(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年6月19日号掲載予定「Weekly Topics」を再編集)

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ