ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 年金データを中国企業へ無断で再委託したSAY企画、6月5日の株主総会で「解散」

年金データを中国企業へ無断で再委託したSAY企画、6月5日の株主総会で「解散」

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.06.07

 日本年金機構から委託されたデータ入力を無断で中国企業へ再委託していた(株)SAY企画(TSR企業コード:295785276、東京都豊島区、代表清算人:切田精一氏)が、6月5日開催の株主総会の決議で解散した。
 負債総額は2017年3月末時点で約5億円だが、その後日本年金機構が損害賠償を求めるなどの動きをみせており、変動の可能性がある。
 SAY企画は2003年8月設立。データベース構築・入力業務を柱にシステムの受託開発などを手掛けていた。厚生労働省など官公庁や日本年金機構からの受注が全体の9割を占め、2015年3月期には売上高約8億4,100万円をあげていた。
 しかし、2018年2月、日本年金機構との契約に反して無断で扶養親族等申告書の入力業務を中国の業者に委託していたことが発覚。また、多数の入力漏れなどにより年金受給者の源泉徴収額が正しく反映されない事態が発生した。日本年金機構は、内規に基づく停止措置としては最長期間となる向こう3年間の競争入札への参加資格を停止。一方、ずさんな仕事ぶりが明るみになった業者との契約に対する日本年金機構への批判も出ていた。

 SAY企画は、一連の問題発覚以降、徐々に業容を縮小し経営を続けていたが、東京商工リサーチ(TSR)の取材で、一部取引先に対する4月末の支払いが遅延したことが判明。また、TSRには電話が通じにくいなど多くの問い合わせが寄せられていた。

SAY企画が入居するビル(豊島区)

SAY企画が入居するビル(豊島区)

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年6月8日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ