ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 破産申請の花園万頭 工場での生産を再開、雇用も継続の可能性

破産申請の花園万頭 工場での生産を再開、雇用も継続の可能性

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.06.04

 5月31日、東京地裁に破産を申請した(株)花園万頭(TSR企業コード:290958687、東京都新宿区)が6月3日、生産を停止していた自社工場の稼働を再開したことが東京商工リサーチ(TSR)の取材でわかった。「6月7日まで」としていた店舗営業も継続する方向で調整中。
 4日までに複数企業がスポンサーに名乗りを挙げており、保全管理人事務所の担当者によると「破産手続きは進行するが、スポンサー企業や第二会社への事業譲渡で、営業を継続する方向で調整している。併せて6月末で解雇予定だった従業員の雇用も継続できる見込み」という。
 花園万頭の破産申請が報じられた6月1日、各店舗には名物の「花園万頭」や「ぬれ甘なつと」を求める客の姿であふれ、「花園万頭」は「1日の早いうちに完売」(店舗担当者)、「ぬれ甘なつと」も3日までに売り切れた店舗が多数あった。
本店(新宿区)での1日、2日の来店者数は「例年のこの時期に比べ、実感として2倍以上」とTSRの取材に販売担当の男性従業員は説明。報道を見た客から「花園万頭がなくなるのは残念」と、今回の措置を惜しむ声が少なくなかったという。
 関係筋によると、週末を挟んだ1日から3日にかけての販売額は「想定を上回って推移」し、今後の目途がついたことから3日、生産を停止していた茨城県土浦市の自社工場の稼働を再開。賞味期限が長く、完売店舗が多い「ぬれ甘なつと」を優先的に生産している。「順次、花園万頭などほかの商品も再開させる」(保全管理人事務所の担当者)という。
 店頭に立つ従業員は4日午後0時30分、TSRの取材に対し「営業の継続はまだ(上層部から)聞いていない」としながらも、「継続の方向であるとしたら、うれしい」と安堵の表情を見せた。

完売状態の名物「花園万頭」

完売状態の名物「花園万頭」

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年6月6日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ