ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 破産したビバック、最大の一般債権者は加藤製作所

破産したビバック、最大の一般債権者は加藤製作所

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.05.08

 5月7日、東京地裁から破産開始決定を受けた建機販売・レンタルの(株)ビバック(TSR企業コード:296003956、東京都品川区)。負債総額は債権者122名に対し、185億9,086万円だったことがわかった。
 ビバックが裁判所に提出した「破産申立書」に記載された一般債権者のトップは建設機械・特装車メーカーで東証1部上場の(株)加藤製作所(TSR企業コード:290030080、東京都品川区)だった。ビバックへの債権額は19億9,741万円となっている。

 加藤製作所はビバックのほか、2017年12月に民事再生法の適用を申請(その後、破産に移行)した(株)PROEARTH(TSR企業コード:363795677、神奈川県)、2018年1月に民事再生法の適用を申請した(有)大曲建機(TSR企業コード:220106673、秋田県)にも不良債権が発生。2社への債権額合計は10億617万円で、ビバックを含む債権額は30億358万円に達する。
 これに先立ち加藤製作所は2018年2月9日、「繰延税金資産の計上、業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせ」をリリース。その中で「取立不能等のおそれが発生したため貸倒引当金繰入額13億9,300万円を販売費及び一般管理費に計上する見込み」として、2018年3月期の連結業績予想における当期純利益を当初の30億円から18億円に下方修正している。

 5月8日、東京商工リサーチ(TSR)の取材に応じた加藤製作所の担当者は、「(ビバック破産の影響について)2月9日にリリースした貸倒引当金繰入額にはPROEARTHと大曲建機への焦付と、2018年3月末時点で予想するビバックへの貸倒分を含んでいる。ビバックへの貸倒分は保全の度合いによって計上した」とコメントした。ビバック破産で損失額がある程度判明したが、追加損失計上の可能性については「現在、精査中」と述べるにとどめた。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年5月9日号に「ビバックの主な債権者一覧」を掲載予定)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ