ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > サマンサ、決算会見「販売不振と出荷遅延で2期連続の最終赤字」

サマンサ、決算会見「販売不振と出荷遅延で2期連続の最終赤字」

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.04.23

 販売の落ち込みや出荷遅延などで経営不振に苦しむ(株)サマンサタバサジャパンリミテッド(TSR企業コード:293842310、港区、寺田和正社長)が4月20日、都内で決算会見を開いた。
 同日午後4時から開かれた会見には、寺田社長らが出席。約100名の報道関係者やアナリストが集まった。決算説明で菅原隆司取締役が、前期(2018年2月期)が減収減益となった要因を「出荷の遅延などが解決しなかった。また、店舗整理や棚卸の廃棄などを行った」と報告した。
 寺田社長は今期(2019年2月期)について、「原点回帰から原点進化へ」と意気込みを語り、成果にこだわっていく姿勢を示した。
 今期はカンパニー制導入や店舗改装などの改革を進め、最終黒字化を見込んでいる。だが、業績悪化やキャッシュ減少など課題も山積し、改善の舵取りを推し進める寺田社長の手腕が注目される。

サマンサタバサ店舗(4月撮影、横浜市内)

サマンサタバサ店舗(4月撮影、横浜市内)

◇2期連続の最終赤字
 2018年2月期は主要ブランドの「Samantha Thavasa(サマンサタバサ)」のリブランディングを進めた。だが、生産や納品の遅れに加えて店舗再編などの影響で、売上高(連結)は321億5,830万円(前期比9.3%減)に沈んだ。
 利益面は、人件費などを抑制したが、リブランディングに伴う先行投資や事業再編による特別損失32億5,747万円を計上し、最終損益(親会社株主に帰属する当期純利益)は36億6,939万円の赤字となった。
 現預金は18億2,774万円減の25億6,403万円と大幅に減少し、連結キャッシュフローは営業、投資、財務活動のいずれもマイナスとなった。

◇2019年2月期は減収も黒字転換を見込む
 2019年2月期(連結)の業績予想は、売上高274億9,700万円と前期比46億6,100万円減の大幅減収を見込んでいる。上半期(3-8月)に約400店舗のうち、約1割の低採算店舗を閉鎖する予定だ。
 足を引っ張っていた物流体制は、秋には健全になるように進め、人件費や家賃などの抑制効果で最終損益は1億1,700万円と3期ぶりの黒字を目指す。


寺田社長は「リブランディングして原点に戻り、生産性と成果にこだわる」と今後の展望を語った。カンパニー制の導入による経費削減や、9月末までに社長自ら1,500名のスタッフと面談し、モチベーションの組み直し策も講じる。
 競争が激化するアパレル業界。回復は容易でないだけに、ブランドの再構築が業績浮上の鍵になっている。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年4月24日号掲載予定「Weekly Topics」を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ