ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 「はれのひ」が着物の返還を終了、事件の真相はまだやぶの中

「はれのひ」が着物の返還を終了、事件の真相はまだやぶの中

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.04.18

 今年1月8日の「成人の日」に事業を停止し、一生に一度の新成人の夢を奪った、はれのひ(株)(TSR企業コード:872372723、篠﨑洋一郎社長)が1月26日に横浜地裁から破産開始決定を受けてもうすぐ3カ月になる。
 一切連絡を絶っていた篠﨑社長は1月26日に初めて会見に出席し、「保管していた着物や仮絵羽を順次お客様の手元に返していく」と話していた。

はれのひの篠﨑社長(1月26日)

はれのひの篠﨑社長(1月26日)

 4月16日、東京商工リサーチ(TSR)は、はれのひの破産管財人である増田尚弁護士(多摩川法律事務所)を取材した。破産管財人は、「お店で保管していた着物はほぼ返還が終わった」と安どの息をもらした。破産会見で示された資料には、「顧客の皆様の被害をできるだけ少なくする。早期返還を最優先にする」と記載されていたが、3カ月をかけおおむね約束は守られたことになる。
 だが、仕立て中だった一部の着物は、購入者が残金を支払わないと手元に戻ってこない。成人式に出席する喜びに満ちて誂えた着物だ。機会を失し、残金を支払い手元に取り戻すのか。新成人の胸中をどんな思いが去来するか、篠﨑社長は自分の無責任さに思いを巡らすことはあるのだろうか。

 会見で篠﨑社長が話していた個人破産について、破産管財人は「何も聞いていない」という。はれのひの破産申請代理人からは期日までにコメントが得られなかった。4月18日までの官報に篠﨑社長の破産開始決定は掲載されていない。篠﨑社長が破産を申し立てたか、真相はやぶの中だ。これは新成人が不安と絶望を感じたあの騒動の裏側で、何が起きたかをウヤムヤに終わらせることを意味する。
 1月26日の会見で報道陣から捜査についての質問がおよぶと、篠﨑社長は「もちろん応じたい」と答えた。捜査機関が篠﨑氏など当時の関係者に事情聴取しているとの一部報道もある。破産管財人は「仮に捜査機関から協力要請があれば、積極的に協力していく」と明言した。
 思い出を台なしにされた新成人が続出した大騒動から3カ月。時が過ぎても被害者の傷が癒えるはずもない。篠﨑社長の個人破産の行方、そして捜査当局の地道な動き。事件を忘れ去ってはいけない。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年4月19日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ