ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」が初会合、債権者破産も視野に

「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」が初会合、債権者破産も視野に

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.01.23

 1月20日、磁気治療器などの預託商法を手がけるジャパンライフ(株)(TSR企業コード:291624898、千代田区)の相談を受け付けている全国の弁護士が、名古屋市で初会合を開き「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」を立ち上げた。

 ジャパンライフは昨年12月26日、事実上倒産したが、今年に入って各地で説明会を開催し活動を再開している。1月17日には消費者庁長官が、「不正確な説明を行っている疑いがある」として、1月12日付で行政指導を行ったことを明らかにしている。

 会議室には「ジャパンライフ問題」の関心の高さを反映し、部屋に入りきれないほどの多くのメディアが取材に訪れ、熱気に溢れた。初会合では先物取引被害全国研究会の代表幹事の大植伸弁護士(大植法律事務所、広島県)やジャパンライフ中部被害対策弁護団団長の杉浦英樹弁護士(杉浦英樹法律事務所、愛知県)など、全国の弁護士約20名が参加。「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」の立ち上げを正式に決定した。
 会合の後、同連絡会の代表に石戸谷豊弁護士(港共同法律事務所、神奈川県)、事務局長に大迫惠美子弁護士(荻窪法律事務所、東京都)の就任を発表した。
 同連絡会によると、全国各地で相談を受け付けている弁護士などへ1月19日までに574件の相談が寄せられている。今後は「ジャパンライフ問題」に取り組む全国の弁護士と情報交換しながら、同連絡会を運営していく方針を示した。
 代表に就任した石戸谷弁護士は、「一人で悩まず、相談してほしい」と語り、「悪質な財産喪失は犯罪になる」とジャパンライフに警告。
 「(ジャパンライフについて)東京地裁に債権者破産の申し立てを視野に入れている」と語った。

会見に応じる全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会(1月20日)

会見に応じる全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会(1月20日)
(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年1月24日号掲載予定「取材の周辺」を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ