ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 第二報!ジャパンライフ取材ルポ (12月22日15時~)

第二報!ジャパンライフ取材ルポ (12月22日15時~)

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2017.12.25

「12月23日、土曜日」

【9時30分】地方のジャパンライフ店舗
 通常は土曜日も店舗が開いているが、入口のドアは閉ざされたまま。中に人がいる気配はない。

【14時30分】埼玉工場
 入口の門扉は閉ざされたまま。駐車場には従業員が通勤に利用している車両もなく、人の出入りはない。

ジャパンライフ埼玉工場

ジャパンライフ埼玉工場

「12月24日、日曜日」

本社に電話するが応答なし。

「12月25日、月曜日」

【8時00分】ジャパンライフ本社
 本社に従業員の出入りはなく、入口ドアは閉ざされている。

【9時00分】
 マスコミや債権者が集まり始める。宅配業者が荷物を届けに来たが、社内に入れず引き返す。

【10時00分】
 関連会社の従業員に取材。「今日(25日)は給料日だが、現時点で給料が入っていない」と語る。

【10時5分】
 花屋が本社を訪れる。花の取り換えに来たが、入れないので引き返す。

【10時25分】
 埼玉工場に電話。女性が対応し、「埼玉工場は通常通り動いている」と話す。本社が開いていない理由を聞くと、「詳細は分からない」とコメント。

【10時30分】
 ジャパンライフの地方店舗へ電話すると「誠に勝手ながら本日はお休みを頂いております」と自動アナウンスが流れる。

【10時35分】
 金融機関の担当者が訪れる。連絡が取れず来たという。12月15日に山口ひろみ社長が辞任したことは「知らない」と語る。

【11時50分】
 派遣社員が荷物を取りにくる。「金曜日(12月22日)に荷物をまとめるようにジャパンライフより指示があった」という。

【12時35分】
 ジャパンライフの関係者より、25日に入るはずの給料の入金がないとの情報がもたらされる。

【13時30分】
 ジャパンライフが12月20日に、一回目の資金ショートを引き起こしたとの情報が入る。


 4度目の行政処分、被害対策弁護団の告発と時を同じく、社長辞任、本社売却と動きが急に慌ただしくなったジャパンライフ。先週末から社内は混乱しているようだ。高齢女性など会員から集めた預り金は2,000億円を超すとみられる。多数の一般個人を巻き込む最悪の事態に発展すると負債4,330億円を抱え破産した(株)安愚楽牧場(TSR企業コード:260136662)の再来になる可能性もある。
 会社側は預り金をどうしたのか。何を考えているのか。本社が沈黙を続ける以上、会員や債権者の不安が日ごとに募るのは当然だ。一日も早い会社側の説明が求められる。

 (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2017年12月26日号掲載予定「取材の周辺」を一部抜粋)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ