ホーム > 最新記事 > データを読む > 2017年 > 東レ、子会社のデータ偽装品の出荷先は13社

東レ、子会社のデータ偽装品の出荷先は13社

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2017.11.29

 11月28日、東レ(株)(TSR企業コード:291101356、東京都、日覺昭廣社長、東証1部)は「子会社による製品データの書き換えについて」をリリースし、同日、日覺社長が記者会見した。
 リリースによると、子会社の東レハイブリッドコード(株)(TSR企業コード:570137861、鈴木信博社長、愛知県)が製品の検査データを不正に書き換えていた。偽装期間は2008年4月~2016年7月で、データ偽装による出荷は149件という。
 偽装製品の出荷先は13社。国内タイヤメーカーが大半だが、東レの担当者は東京商工リサーチ(TSR)の取材に対し、「日系メーカーがほとんどだが、一部韓国系メーカーも含まれる。個社名について当社からは公表していない」とコメントした。業績への影響については、「149件の出荷額は合計約1億5,000万円で、東レグループ全体からすると極めて小さい」との認識を示した。
 TSRのデータベースでは、東レハイブリッドコードの仕入先(1次・2次)は延べ102社、販売先は同136社。出荷製品の安全性について、東レの担当者は「(出荷先より)性能上および製品安全上の問題があるとの指摘は受けていない」とコメントした。また、「13社へのお詫びと説明はほぼ終え、11月末までにすべて完了させる予定だ。説明を終えた先のうち一部で(安全性確認が)調査中」と対応を説明したうえで、今回のデータ偽装品は「ISOやJISの認定品ではない」と話した。
 東レハイブリッドコードの2017年3月期の業績は、2期連続減収で売上高51億6,900万円、経常利益1億4,300万円、当期純利益8,000万円。純資産は20億5,400万円、総資産は43億9,700万円となっている。

 (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2017年11月30日号掲載予定「SPOT情報」を転載)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ