ホーム > 最新記事 > データを読む > 2017年 > 2017年4月の注目業種の倒産動向

2017年4月の注目業種の倒産動向

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2017.05.11

「宿泊業」の倒産、4月は11件で前年同月より3.6倍増

 2017年4月の旅館,ホテルなどの「宿泊業」の倒産件数は11件(前年同月3件)で増加が目立った。11件の内訳をみると、設立50年以上の老舗が4件含まれ、経営不振や累積赤字から事業譲渡していた先が、ここにきて整理に踏み切ったケースが目立った。
 「宿泊業」の倒産は、2016年(1-12月)は81件(前年比4.7%減、前年85件)で、2年ぶりに前年を下回り、水準としては1998年(81件)以来18年ぶりの低水準にとどまった。しかし、2017年は、1-4月が31件(前年同期30件)と前年を上回り、事業再生の一環として別会社に事業譲渡した後に、清算するケースが多くなっていることから、今後の推移が注目される。

宿泊業の倒産 年度推移

「飲食業」の倒産、4月は61件で2カ月連続で前年同月を上回る

 2017年4月の「飲食業」の倒産件数は61件(前年同月55件)で、2カ連続で前年同月を上回った。61件の内訳をみると、居酒屋などの「酒場,ビヤホール」が11件(同7件)、「食堂,レストラン」が15件(同10件)などで増加がみられた。
 「飲食業」の倒産は、2016年(1-12月)が639件(前年比6.4%増、前年600件)で、2年ぶりに前年を上回り、全体の企業倒産が減少するなかで増勢が目を引いた。
 2017年になっても、1-4月が256件(前年同期227件)と前年を上回って推移し、増勢に拍車がかかっている、このため今後の推移を注視する必要がある。

飲食業の倒産 年度推移

このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ