ホーム > 最新記事 > データを読む > 2018年 > 「平成28年熊本地震」関連調査

「平成28年熊本地震」関連調査

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2016.04.18

 4月14日以降の巨大地震は、熊本県内に本社を構えている企業にも大きな影響を及ぼしている。東京商工リサーチでは、熊本県内に本社を構えている企業数や従業員数、業種などを分析した。
 熊本県内に本社を構える企業数は3万5,173社、従業員数は33万346名(判明分)で、全体の売上高合計は9兆3,662億7,100万円だった。
 産業別売上高はサービス業他の売上高3兆7,378億9,100万円(構成比39.9%)が最も大きく、次いで製造業の売上高1兆7,893億7,000万円(同19.1%)だった。
 市町村別では、熊本市内に本社を構える企業の売上高合計は5兆665億500万円で、熊本県全体の54.0%を占めた。また、地震の被害が大きかった益城町の売上高は1,913億7,600万円(同2.0%)、南阿蘇村は同268億9,700万円(同0.2%)、西原村は同238億500万円(同0.2%)、嘉島町は同937億2,900万円(同1.0%)だった。
 14日の地震以降も余震などが相次ぎ、死傷者や避難者、停電など大きな被害が発生している。企業活動においても、会社や工場の被災だけではなく、部品など仕入の供給が滞ることで事業に大きな影響を及ぼすケースが出ている。被災した地域経済の停滞が長期化すれば九州全体だけでなく、全国規模に影響が波及する恐れがあり、迅速な被害状況の把握、支援策が求められている。


  • 本調査はTSR企業データベース285万社より、熊本県内に本社を構える企業を抽出し、業種、売上高、従業員数などを集計、分析した。

企業数は3万5,173社

 熊本県に本社を置く企業数は3万5,173社だった。市町村別でみると、熊本市1万7,723社(構成比50.3%)、八代市2,255社(同6.4%)、天草市1,511社(同4.2%)、玉名市1,083社(同3.0%)の順となっている。特に被害の大きかった益城町は576社(同1.6%)、南阿蘇村は215社(同0.6%)となっている。被害の少なかった企業も、九州自動車道の通行止めや九州新幹線の運休などで九州の大動脈が寸断されたことで、交通網の復旧まで影響を避けられない。長期化した場合は、熊本県内の企業だけでなく、九州全体に広がる可能性がある。
 大分県内に本社を構える企業は2万3,687社だった。

売上高合計は9兆3,662億7,100万円

 熊本県に本社を構える企業の売上高合計は9兆3,662億7,100万円だった。産業別でみると、サービス業他が3兆7,378億9,100万円(構成比39.9%)、製造業が1兆7,893億7,000万円(同19.1%)、卸売業が1兆2,778億4,300万円(同13.6%)の3業種はそれぞれ売上高1兆円を超えた。
 市町村別でみると、熊本市が売上高5兆665億500万円(構成比54.0%)、菊池郡菊陽町が5,778億9,600万円(同6.1%)、八代市が4,264億600万円(同4.5%)の順。

熊本県 産業別売上高構成比

従業員数は33万346人

 熊本県に本社を構える企業のうち、従業員数が判明した企業2万485社の従業員数合計は33万346人だった。従業員数が最も多かったのは熊本市で17万1,244人。次いで、八代市1万7,685人、菊池郡菊陽町1万2,613人の順。

産業別はサービス業他が最多

 産業別構成は、サービス業他が1万1,679社(構成比33.2%)で最多。次いで、建設業7,429社(構成比21.1%)、小売業5,059社(同14.3%)の3産業で約7割(同68.7%)を占めた。
 製造業は2,403社(同6.8%)にとどまるが、産業別売上高では1兆7,893億7,000万円でサービス業他に次いで2番目を占め、熊本県の基幹産業の一つとも言える。アイシン九州(株)(TSR企業コード:910197164、法人番号:3330001012792、熊本市)など輸送機メーカーのほか、半導体関連ではソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)(TSR企業コード:940055007、法人番号:4290001021319、菊陽町)などがあり、最先端の技術を有する企業群が形成されている。東日本大震災ではサプライチェーンが大きなダメージを受けて、深刻な部品不足に陥り、工場の稼働が停止した。熊本地震においても、工場が被害を受けなかった場合でもライフラインの寸断で、部品などが届かなくなり、工場の稼働が相次いで止まるケースが予想され、中小下請企業にも生産調整などの影響が考えられる。

熊本県 産業別企業数構成比

業種別は総合工事業が最も多い

 3万5,173社の業種別構成は、総合工事業3,884社(構成比11.0%)が最も多く、次いでその他の小売業2,073社(同5.8%)、職別工事業1,871社(同5.3%)、医療業1,760社(同5.0%)の順。
 業種別で、地方公務(県や市区町村機関)を除くと、最も大きかったのは総合工事業の売上高5,768億5,186万円だった。次いで、電子部品・デバイス・電子回路製造業の同5,101億8,700万円、飲食料品卸売業同4,724億4,500万円、娯楽業同4,404億8,000万円、医療業同4,337億9,700万円だった。


 熊本地震は14日夜に震度7を記録し、その後も相次ぐ地震が発生。死傷者や安否不明者、避難者が出るなど大きな被害を及ぼしており、県内の一部地域は麻痺状態と陥っている。熊本県はサービス業他や建設業、小売業など3万社を超える企業が本社を置き、売上高合計は9兆円をあげている。熊本地震により、直接的な被災を受けた企業もあるほか、交通網の乱れなどからサプライチェーンに支障が生じ、自動車や半導体など工場の本格稼働に時間が要する可能性も出てきた。これからゴールデンウィークを迎え、インバウンド需要が見込めた観光業への影響も懸念される。
 余震が収まり、交通網をはじめとしたライフラインの復旧が急がれる。今回被災した企業だけでなく、サプライチェーンの問題で今後の業績に影響が出てくるであろう企業も含めた、総合的な支援策が求められる。

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
製品詳細・資料請求・お問い合わせに関して

製品に関する詳細情報、料金体系につきましては、「資料請求・お問い合わせ」ボタンをクリック後、以下の手順でお問い合わせください。

  1. お問い合わせ種別:「お問い合わせ」を選択
  2. お問い合わせの内容:「○○○」(任意:質問事項・要件など)とご記入
  3. ご連絡先:必要事項を入力し、送信してください。
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ