• TSRデータインサイト

コロナ破たん累計が1万件目前 累計9,489件に

新型コロナ破たん 4月は244件が判明
 

 4月は「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が244件(前年同月比9.9%減)判明した。3月の月間件数は2023年3月の328件に次ぐ過去2番目の高水準だったが、4月は一転して減少。これまでの累計は9,052件(倒産8,827件、弁護士一任・準備中225件)となった。
 倒産集計の対象外となる負債1,000万円未満の小規模倒産は累計437件判明した。この結果、負債1,000万円未満を含めた新型コロナウイルス関連破たんは累計で9,489件に達した。
 国内の企業数(358万9,333社、2016年総務省「経済センサス」)を基にした比率では、コロナ破たん率は0.264%で500社に1社が破たんした計算となる。都道府県別で最も比率が高いのは東京都の0.463%、次いで福岡県の0.395%、宮城県の0.385%、群馬県の0.329%、大阪府の0.323%と続く。一方、最低は高知県の0.115%で、地域によってばらつきもある。
 経済活動が再開して脱コロナの一方で、コロナ禍の後遺症に苦しむ企業は多い。3月の312件から一転して月間件数は2カ月ぶりに200件台に減少し、一進一退が続いている。コロナ関連融資の返済や公租公課の支払いが再開するなか、資金繰りを維持できないケースも頻発している。こうした企業の息切れを中心に、コロナ関連破たんは引き続き月間200~300件の水準で推移するとみられる。



【都道府県別】(負債1,000万円以上) ~ 300件以上は8都道府県 ~
 

 都道府県別では、東京都が1,840件と全体の2割強(構成比20.3%)を占め、突出している。以下、大阪府841件、福岡県507件、愛知県450件、兵庫県404件、神奈川県383件、北海道372件、埼玉県311件と続く。
 300件超えが8都道府県、200件~300件未満が6府県、100件~200件未満も7県に広がっている。一方、10件未満はゼロで、最少は鳥取県の20件。

【業種別】(負債1,000万円以上)~最多は飲⾷業の1,472件、建設、アパレル、食品関連が続く~

 

 業種別では、コロナ禍での来店客の減少に加え、食材や光熱費高騰の負担も重い飲食業が最多で1,472件に及ぶ。客足は戻っても売上の回復に至らず、経営体力の消耗による破綻や、あきらめ型が多い。
 次いで、工事計画の見直しなどの影響を受けた建設業が1,095件に達した。このほか、小売店の休業が影響したアパレル関連(製造、販売)の641件。飲食業などの不振に引きずられた飲食料品卸売業が364件、食品製造が276件、扱い量の減少などが響いた貨物自動車運送業が258件、インバウンドの需要消失や旅行・出張の自粛が影響したホテル,旅館の宿泊業が241件と、上位を占めている。

【負債額別】(負債1,000万円以上)

 

 負債額が判明した8,994件の負債額別では、1千万円以上5千万円未満が最多の3,520件(構成比39.1%)、次いで1億円以上5億円未満が2,771件(同30.8%)、5千万円以上1億円未満が1,833件(同20.3%)、5億円以上10億円未満が460件(同5.1%)、10億円以上が410件(同4.5%)の順。
 負債1億円未満が5,353件(同59.5%)と約6割を占める。一方、100億円以上の大型破たんも23件発生しており、小・零細企業から大企業まで経営破たんが広がっている。

【形態別】(負債1,000万円以上)

 

 「新型コロナ」関連破たんのうち、倒産した8,827件の形態別では、破産が7,988件(構成比90.4%)で最多。次いで取引停止処分が332件(同3.7%)、民事再生法が261件(同2.9%)、特別清算が216件、内整理が23件、会社更生法が7件と続く。
 「新型コロナ」関連倒産の9割超を消滅型の破産が占め、再建型の会社更生法と民事再生法の合計は約3%にとどまる。業績不振が続いていたところに新型コロナのダメージがとどめを刺すかたちで脱落するケースが大半。
 先行きのめどが立たず、再建型の選択が難しいことが浮き彫りとなっている。

【従業員数別】(負債1,000万円以上)


  「新型コロナ」関連破たんのうち、従業員数(正社員)が判明した8,838件の従業員数の合計は7万7,436人にのぼった。平均すると1社あたり約9人となる。
 8,838件の内訳では従業員5人未満が5,322件(構成比60.2%)と、6割を占めた。次いで、5人以上10人未満が1,657件(同18.7%)、10人以上20人未満が1,029件(同11.6%)と続き、従業員数が少ない小規模事業者に、新型コロナ破たんが集中している。
 また、従業員50人以上の破たんは2022年は上半期で24件で、下半期も31件判明した。2023年上半期は27件、下半期は39件、2024年はこれまで21件判明している。

コロナ破たん都道府県別


コロナ破たん率

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「道路貨物運送業」倒産 大幅増の46件 コストアップと「2024年問題」が直撃、4月以降は前年比2倍超

厳しい経営環境に置かれる道路貨物運送業の倒産が急増している。2024年5月の「道路貨物運送業」の倒産は46件(前年同月比119.0%増)で、5月としては2005年以降の20年間で最多を更新した。

2

  • TSRデータインサイト

最新の「赤字法人率」、過去最小の64.8%に低下 最小は佐賀県、コロナ禍が地域や業種の明暗分ける

国税庁が2024年公表の「国税庁統計法人税表」によると、2022年度の赤字法人(欠損法人)は189万5,402社だった。普通法人(292万2,972社)の赤字法人率は64.8%で、年度ごとの集計に変更された2007年度以降では2021年度の65.34%を下回り、最小を更新した。

3

  • TSRデータインサイト

2024年1-5月「人手不足」関連倒産 118件 「従業員退職」「求人難」の急増で初の100件超

深刻な人手不足が企業活動の足かせになってきた。2024年1-5月の「人手不足」関連倒産は累計118件(前年同期比110.7%増)だった。調査を開始した2013年以降、 1-5月で最多の2019年(65件)を大きく上回り、初めて100件を超えた。

4

  • TSRデータインサイト

堀正工業(株) ~約50行を欺いた粉飾、明細書も細かく調整する「執念」 ~

東京には全国の地域金融機関が拠点を構えている。今回はそれら金融機関の担当者が対応に追われた。最大54行(社)の金融機関やリース会社から融資を受けていた老舗ベアリング商社の堀正工業(株)(TSR企業コード:291038832、東京都)が7月24日、東京地裁から破産開始決定を受けた。

5

  • TSRデータインサイト

2023年の「個人情報漏えい・紛失事故」が年間最多 件数175件、流出・紛失情報も最多の4,090万人分

2023年に上場企業とその子会社が公表した個人情報の漏えい・紛失事故は、175件(前年比6.0%増)だった。漏えいした個人情報は前年(592万7,057人分)の約7倍の4,090万8,718人分(同590.2%増)と大幅に増えた。社数は147社で、前年から3社減少し、過去2番目だった。

TOPへ