• TSRデータインサイト

バルミューダ、最終赤字20億7,100万円=上場以来、初の赤字転落

 家電メーカーのバルミューダ(株)(TSR企業コード:295670029、東証グロース)が2月9日に発表した2023年12月期の通期連結決算は、最終赤字が20億7,100万円(前期300万円の黒字)だった。赤字転落は、2020年12月の上場後初めて。物価上昇による消費の落ち込みや携帯端末事業からの撤退費用も響いた。

 2023年12月期の連結決算は、売上高130億1,100万円(前期比26.1%減)、営業利益13億7,500万円の赤字(前期7,500万円の黒字)だった。ホットプレートやトースターなど新製品の投入や海外販売の強化を進めたが、業績改善が遅れた。

 同日発表した2024年12月期の連結業績予想は、最終利益1億円と黒字転換を見込んでいる。

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2023年 1月比で金利上昇の企業 16.1% 金利が 0.5% 上昇で 2割超が「借入を断念」

2016年1月に日本銀行がマイナス金利を導入してから8年が経過した。マイナス金利解除の観測が市場に広がるが、すでに企業の借入金利は一部で上昇していることがわかった。

2

  • TSRデータインサイト

2023年の学習塾倒産 過去20年間「最多」の45件 市場拡大も、多様なニーズで「競争激化」

少子化が進むなか、激しい競争が続く学習塾業界では、中小・零細規模の塾の淘汰が続いている。2023年の学習塾の倒産は45件(前年比28.5%増)で、2004年以降の20年間で最多を更新した。

3

  • TSRデータインサイト

「すし店」の倒産が増勢の兆し 2024年1月の「すし店」倒産は5件

コロナ禍が落ち着くと同時に、日本を代表する人気食「すし店」の倒産が増えている。2024年1月の「すし店」倒産(負債1,000万円以上)は、5件(前年同月比400.0%増)だった。月間5件以上は、2020年8月(5件)以来、3年5カ月ぶり。

4

  • TSRデータインサイト

前受金依存度の高い業種 1位は「衣装レンタル」 前受金ビジネスの法的整備が急務

脱毛サロンや英会話学校、貸衣装など、消費者を巻き込んだ前受金ビジネスの危うさが広がっている。 東京商工リサーチは、2022年10月期-2023年9月期に決算を迎えた28万4,575社を対象に、財務諸表に前受金(前受収益を含む)を計上した企業を調査した。

5

  • TSRデータインサイト

足立成和信金と東栄信金が合併検討 合併後はメインバンク数1,365社、都内18位に上昇

日本銀行のマイナス金利解除が関心を集める中、東京都の足立成和信金(足立区)と東栄信金(葛飾区)が合併を検討していることがわかった。

TOPへ