増大する輸出管理リスクへの対応は万全ですか?安全保障貿易管理(販売・輸出)の徹底をワンストップで実現

D&B Onboard dun&bradstreet
海外導入事例 お問い合わせ

販売・輸出に伴う企業のリスクが増大!
対策は万全ですか?

激しく変化する国際情勢において、大量破壊兵器の開発やテロなどの脅威が深刻化しています。国際的に規制対象となった国家や組織に対抗するため、国際的な枠組み(国際輸出管理レジーム)のもと、「外国為替及び外国貿易法」(外為法)に基づき、貨物の輸出を規制する「輸出貿易管理令」(輸出令)や、技術の提供を規制する「外国為替令」(外為令)などによる輸出管理が国内で進んでいます。一度コンプライアンスに関連する問題が表出した場合、たとえ過失であっても社会的信用の失墜や事業停止など、企業存続のリスクに陥る可能性があります。

日本企業(輸出・技術提供)→海外取引先

販売・輸出

安全保障貿易管理「国際輸出管理レジーム(グローバル)」「外為法(日本)」企業が講じる対策の一例「企業/人物の正確な特定
」「各国制裁リストとのスクリーニング」
対策が不十分な場合に起こりうるリスク「社会的信用の失墜事業停止」

法令違反による罰則事例

日本国旗
日本企業 A社

データ改ざんによる外為法の規制品目の輸出
・全貨物輸出禁止(半年間)
・指定貨物輸出禁止(2.5年間)

日本国旗
日本企業 B社

法規制の内容を正しく認識しないまま規制対象国に違法な輸出を継続
・全貨物輸出禁止(3カ月間)

コンプライアンス対策で多くの担当者が直面する悩み

「制裁リストやネガティブなメディア情報を網羅的に把握することが難しい…」「実質的支配者を含む正確な顧客情報はどこから入手するの?」「規制強化でチェックにかかる時間と業務コストが大幅に増加している…」「法規制への対応が間に合わない…」

これらの悩みをD&B Onbordが解消します

モニタ画面

コンプライアンス遵守をワンストップで実現!



D&B Onboardは、随時更新される世界246カ国・3億件超の企業、系列、実質的支配者(UBO)の情報に加え、数百以上の制裁リスト、数十万人以上のPEP情報、数万以上のメディア情報をカバーするデータベースです。日本を含むグローバルで約550社以上の導入実績があります。

安全保障貿易、アンチマネーローンダリング・テロ資金供与対策、贈収賄防止などのコンプライアンスリスク対策をワンストップで実現します!

取引先の特定・実態確認

3億件超の企業データから
D-U-N-S® Numberをキーコードに特定。業種や役員、財務情報などで実態が明らかになります

実質的支配者の把握

取引先の事業活動に実質的な影響を及ぼす人物(実質的支配者)を把握することができます


高度なエビデンス機能

調査結果は全て保存できるため、監査時にはエビデンスとしてご利用いただけます

法規制等への対応

世界中の制裁リスト、PEPs(※)、メディア情報とのスクリーニングで法規制に漏れなく対応できます

※政府等において重要な地位を占める者(国家元首等)と過去にその地位にあった者。また、それらの家族およびPEPsが最終的に利益を得る(=所有する)法人を指します。

D&B Onboardが選ばれる理由

1

世界最大級! 3億件超の企業データを活用

世界最大の企業情報プロバイダーであるDun & Bradstreetが保有する全世界3億件以上の企業情報がベース! 企業系列情報、実質的支配者(UBO)などの資本構成情報、財務情報を網羅しています。


2

D-U-N-S® Numberをベースに企業をスピーディに正確に特定

企業識別コードのグローバルスタンダード「D-U-N-S® Number」をベースに取引先の正確な把握が可能です!


3

コンプライアンスチェックに必要な情報をワンストップで検索・照合

日本を含む240カ国超の「贈収賄や腐敗のリスクがある団体/個人140万件超のPEPs情報」「800以上の制裁リスト」「10万以上のソース(主要新聞社/通信社等)によるネガティブな記事情報」「50超のリスク種別と30超のリスク進行度」を1日1万件以上更新!最新かつ網羅性の高い情報がいつでもすぐに手に入ります。


4

資本構造を可視化

ダッシュボード機能で資本構成の内容を簡潔に把握できます。実質的支配者(UBO)までのつながりを分かりやすくビジュアル化でき、複雑な資本関係の把握と各国の規制要件への的確な対応を実現することができます。


5

企業間のつながりを可視化

取引先、およびその背後に存在する企業や人物にどのようなコンプライアンスリスクが潜んでいるのかを可視化し、積極的なリスクの低減に寄与します。

コンプライアンス遵守をワンストップで実現する「D&B Onboard」で
リスク回避と業務効率化の両立を目指しませんか?

海外導入事例 お問い合わせ