ホーム > ソリューション・サービス > tsr-van2(インターネット企業情報サービス) > 財務情報とは? > 連結キャッシュフロー計算書

連結キャッシュフロー計算書
連結キャッシュフロー計算書

有価証券報告書提出企業の連結キャッシュフロー計算書を最大3期分ずつご取得いただけます。

連結キャッシュフロー計算書

400円/ 社(1,2期表示)

600円/ 社(3期表示)

連結キャッシュフロー計算書画面イメージ

info 番号やアイコンをクリックもしくはマウスオーバーすると各項目の説明をご覧いただけます。

1 営業活動によるCF
本業による収入と支出の差額を表しています。具体的には、本業を行った結果、手元のお金がいくら増減したかがわかる項目です。
2 投資活動によるCF
設備投資や余剰資金の運用によるお金の増減を表しています。事業の活動維持と、将来の利益獲得のためにどれだけお金が動いたかがわかる項目です。
3 財務活動によるCF
資金調達や、借入金返済などによるお金の増減を表しています。営業活動・投資活動キャッシュフローによって生じた、お金の過不足のバランスをどう図っているかがわかる項目です。
denkyu

キャッシュフロー計算書のチェックポイント

キャッシュ・フロー要点 全8パターンチェックポイント!

優良企業型【営業+ 投資- 財務-】

キャッシュフローとしての理想形。本業で十分なキャッシュを生み出し、その分で投資を行い、借入金の返済もできているパターンで、与信管理において特に問題ない。

成長企業型【営業+ 投資- 財務+】

ベンチャー企業などが該当。本業でキャッシュを生み出し、さらに借入金も導入して、積極的に投資を行うパターンで、与信管理においては投資効果を当面見守っていきたい。

事業転換型【営業+ 投資+ 財務+】

事業の転換を図っている企業が該当。本業は好調であるが、事業の転換を図るため借入金を導入し、保有資産を売却しているパターンで、与信管理においては転換する理由事業内容を確認したい。

事業検討型【営業- 投資- 財務-】

過去の実績は有しているが主力事業が低調な企業が該当。本業でキャッシュが生み出せないため、過去に生み出されたキャッシュで投資を実施し、借入金の返済も行うパターンで、与信管理においては主力事業に代替するキャッシュを生み出す事業があるかを見極めたい。

再建型【営業- 投資- 財務+】

再建途上の企業に多い。本業でキャッシュは生み出せていないが、借入金を導入し、投資を実施しているパターンで、与信管理においては、再建の効果が出るまでの業績、資金繰り状況をきっちり確認したい。

ダウンサイジング型【営業+ 投資+ 財務-】

不採算事業を持つ企業など事業縮小を図ろうとする企業が採用する。本業ではさほどキャッシュは生み出しておらず、保有資産を売却して借入金の返済を重視したパターンで、与信管理においては、事業縮小を図った後の効果を見極めたい。

やや注意型【営業- 投資+ 財務-】

金融機関からの融資が途絶えた可能性あり。本業でキャッシュが生み出せず、保有資産を売却して、借入金の返済に充当するパターンで、与信管理においては、金融機関からの融資を含めた関係を確認することが重要。

要注意型【営業- 投資+ 財務+】

最も注意するべき。本業でキャッシュが生み出せないため、保有資産を売却し、借入金を導入してなんとか資金繰りをつないでいるパターンで、与信管理においては、直近の業績を確認し、当面の資金繰りについて把握する必要がある。

お客さまの声(総合商社:F社)

企業イメージ

ご利用前

取引をする企業からは必ず決算書を入手して財務分析も社内で行って、しっかり与信管理を行っていたつもりですが、最近は黒字倒産による焦付きが増えています。正直、貸借対照表・損益計算書だけでは見抜くことが出来ず困っていました。

ご利用後の効果

tsr-van2からはキャッシュフロー計算書も取得できることを知り、貸借対照表・損益計算書と併せて、キャッシュフロー計算書も取得するようにしました。営業・投資・財務の各面からの実際の資金の動きが分かるようになり、黒字倒産による焦付きリスクへの対策が出来るようになりました。

denkyuダウンロード方法について