ホーム > ソリューション・サービス > M&Aサポート > M&Aとは?

M&Aとは?

M&A(Mergers and Acquisitions:合併と買収)の略で、企業の合併・買収や資本提携、事業の譲渡などを総称するものです。昨今は大企業だけでなく中小企業でも、事業の拡大や廃業の大きな原因の一つである後継者問題の有効な解決手段として注目・利用されています。新聞報道等でも頻繁に目にする様にM&Aは重要な企業戦略の手段であり、一般的に広く受け入れられています。

代表的なM&Aのメリット

(売り手)経営者の方・株主の方

  • 後継者問題により事業の継続が困難な場合、M&Aにより会社や事業を第三者に売却することで、事業自体の継続が可能となります。
  • M&Aによる売却は、創業者利益を実現する有力な手法であり、ハッピーリタイアメントを可能にします。また、「M&A→株式譲渡」の方が、「会社清算→株主配当」より税制的に有利な場合も多く、受取金額も多くなる傾向があります。
  • 自社単独では将来の発展が期待できない事業がある場合、その事業を得意とする企業との提携などを行うことにより、事業の拡大や安定性の強化が期待できます。

(売り手)従業員の方

  • 事業が継続されることで、雇用の確保が可能となります。特に国内中堅・中小企業の売却理由で最も多い「事業継続」を目的にした場合のM&Aでは、「従業員の継続的雇用」が売却条件になることが一般的です。

(買い手)企業

  • 買収・合併先とのシナジー効果による更なる発展が可能となります。特に新規事業の立ち上げを行う場合、自社でゼロからスタートするより、他社の事業を買収するほうが「時間を買う」メリットが非常に大きいと言えます。
  • 不動産・製造設備という有形の資産だけでなく事業の遂行に不可欠な人材・技術・ノウハウ・販路といった無形の資産まで幅広く入手することが可能です。

M&Aの流れ

流れ 買い手 売り手
TSRへ情報登録 「会社を買いたい」 「会社を売りたい」
相談 買い手は、自社の事業の安定・拡大や新規事業への取り組みにM&Aを活用できるか検討する。売り手は、後継者不在、ハッピーリタイアメント、ノンコア事業の切り離しなどの解決策としてM&Aが活用できるか検討する。GCAサヴィアンなどスペシャリストに相談。
M&A戦略 M&A戦略立案、買収先候補検討 事業の継続・再編成戦略立案、売却先候補検討
選択肢を絞る ターゲット特定、意向打診 意向打診
イニシャルコンタクト買い手・
売り手の実務者ミーティング
検討資料受領、プレデューデリジェンス、バリュエーション 検討資料提出
意向表明 買い手によるM&A実施の意思表明及び条件提示(通常、法的拘束力はなく省略される場合も多い)
交渉 買い手・売り手のトップミーティング、基本条件交渉。
LOI締結 【LOI】(Letter of Intent)
基本条件の合意内容について取り交わす書面。
デューデリジェンス 【デューデリジェンス】
買収前に行う買収対象企業の精査。事業活動全般、生産、販売、財務、人事、法務、環境面など。
最終交渉
(最終契約書締結)
デューデリジェンスの結果をふまえ買収価格及び買収条件の見直や、表明・保証など最終的な交渉をおこない最終契約書を締結。
クロージング 代金の受け渡し、諸事務手続き

お問い合わせはこちら。お気軽にお申込み下さい。

このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

国内企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
TSR REPORT(国内企業情報レポート)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
D&Bレポート(海外企業情報レポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
Data Approach(企業情報データファイル)

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ