ホーム > ソリューション・サービス > マスターデータ管理(MDM)ソリューション

マスターデータ管理(MDM)ソリューション

TSRの「マスターデータ管理(MDM)ソリューション」とは?

企業が日々経営において活用しているマスターデータは多岐にわたります。一般的にマスターデータとして扱われる主な情報は、顧客情報、商品情報などがありますが、BtoB企業の場合のマスターデータは、顧客情報(企業情報)がメインとなります。
具体的には、請求書をはじめ経理処理で活用する顧客情報や営業・マーケティングで活用する顧客情報などが該当します。
BtoB企業のマスターデータ管理は、こういった顧客情報などのマスターデータ(企業情報)を最適に管理することを指します。
TSRでは特許を有する精度が高いマッチング技術および保有する世界・国内最大級の企業情報により、BtoBのお客さまへ最適なマスターデータ管理(MDM)を提供いたします。

BtoB企業が抱えるマスターデータ管理(MDM)の主な2つの課題

BtoB企業にマスターデータ管理(MDM)についてヒアリングすると、多くの企業は2つの課題をあげられます。マスターデータの”整合性”と”品質”の2点です。いずれか一方の課題を改善するだけでは効果が限定されてしまうため、2つの課題を同時に改善することが、高い効果を生み出すマスターデータ管理(MDM)のキーポイントとなります。

マスターデータの整合性
-取引先のマスターデータ(企業情報)がバラバラに登録-

自社で管理している複数のシステムに登録されている取引先が、同一の企業であるにも関わらず、部門や事業所ごとに別の企業として重複登録されているケースがあるため、業務の非効率化を招き、無駄な管理コストが発生している。

マスターデータの品質
-データが陳腐化しており取引先ごとの分析ができない-

マスターデータに登録されている基礎情報(商号や住所など)が陳腐化している、または基礎情報に紐付けられている属性情報(売上や利益、評価指標など)が自社で集めた情報のため統一性がないなどの理由からデータ分析できない。そもそも属性情報自体を付与していなかった場合、経営意思決定などに必要な情報が不十分で、適切なリソースの配分ができない。


TSRだからできる課題の解決方法

マスターデータの整合性を改善 -お客さまの登録データをきれいに整備-

まずは課題のひとつであるお客さまの登録データをきれいに整備する「マスターデータの整合性改善」です。TSRだからできるオンリーワンのマッチング技術と世界基準の企業コードがキーポイントとなります。

”マッチング”で、お客さまのデータを”名寄せ”

「マッチング」とは、お客さまのデータに企業コード(統一コード)をつけることです。「名寄せ」はマッチングによってつけられた企業コード(統一コード)を基にお客さまの取引先データに重複がないように整備することです。
TSRでは特許を有する精度の高いマッチング技術をご提供しており、そのマッチングと名寄せにより、お客さまの保有する取引先データが一意に特定されるため、正確なマスターデータ管理(MDM)が実現可能となります。




データ整備のキー”企業コード”の重要性

マッチングと名寄せで必須となるのが、お客さまのデータとTSRのデータを紐づける”企業コード(統一コード)”です。 TSRでは、国内企業1社ごとに付与している「TSR企業コード」や世界最大級の企業コード「D-U-N-S® Number」などを保有しており、お客さまの用途に合わせた最適な企業コードをご提案できます。
特に「D-U-N-S® Number」は全世界の企業・団体に事業所単位で付与され、また国連や米国政府、EUなどが採用・推奨している世界標準の企業コードです。グローバル展開されているお客さまにつきましても、精度の高いマスターデータ管理(MDM)を実現いたします。
※TSRは日本国内で「D-U-N-S® Number」の発行・管理ができる唯一の企業です。

D-U-N-S® Numberの紹介別ウィンドウで開きます。

マスターデータの品質確保 -網羅的かつ正確な属性情報の付与-

マスターデータを構築されたお客さまの2つ目の課題となるのは、「マスターデータの品質確保」です。せっかくきれいに整備にしたデータであっても、時間経過とともに陳腐化していってしまうのでは意味がありません。
この課題解決には、世界のリーディングカンパニーとのネットワークがあるTSRだからこそ提供可能な網羅的かつ正確な企業情報がキーポイントとなります。

圧倒的な網羅性を有する世界最大級の企業情報

マスターデータの品質を確保するために必要なことは、網羅的な企業情報の存在です。TSRでは世界最大級3億件以上の企業データベースを提供しております。
国内だけでなく全世界の企業情報を網羅的に提供できる体制を整えていることがTSR最大の強みであり、マスターデータ整備の土台として非常に重要と考えます。

常に更新が行われている正確な企業情報

企業は常に変化していますので、お客さまの保有しているマスターデータの企業情報もそれに合わせメンテナンスしていく必要があります。もしメンテナンスを行わずに放っておいた場合、その情報は陳腐化して意味のないデータの集まりと化してしまいます。
TSRが提供している国内および全世界の企業情報は、世界各国の企業情報サービス会社のリーディングカンパニーで組織されている「D&B World Wide Network」に所属する企業が日々更新しており、常に新鮮な情報をお客さまに提供することが可能です。

整備後のマスターデータ -お客さまの課題解決を実現いたします!-

マスターデータの"整合性"と"品質"を改善することで、お客さまにとって最適なマスターデータを実現いたします。TSRではお客さまの用途や予算に応じて、様々なマスターデータマネジメント(MDM)を実現いたします。まずは、少しでも課題と思っていることがありましたらお問い合わせください。


ページの先頭へ