ホーム > ソリューション・サービス > TSRの市場調査・産業調査 > 調査手法一覧

調査手法一覧

以下は手法の一例です。東京商工リサーチでは、お客さまのご要望にあった調査手法で調査を行っています。

郵送調査

調査票を対象者に郵送し、調査票への記入後に返送していただきます。 広く浸透している調査手法で、企業の傾向や意向を把握することに向いています。 また、市民意識調査など個人を対象とした調査にも適しています。郵便やメール便(※)の利用により、全国どこでも調査が可能です。※個人向けの調査は郵便となります。

特徴

  • 書面での回答となるため、企業の傾向・意思を把握することに向いています。
  • 分岐や多くの選択肢を用いた設問を設定できます。
  • 調査票郵送時にパンフレット等を同封できます。

主にご利用いただいているお客さま(官公庁)

実現できるサービス(民間企業)

テレマーケティング調査

調査員が対象者に架電する調査手法です。 調査後のアポイント等を含め、担当者とコンタクトを取ることに向いています。 ピンポイントで担当者に接触することができ、アポイントや資料送付の許諾取得、キーマンリサーチ、ニーズ探索調査に向いています。

特徴

  • 調査後のアポイント等を含め、担当者とコンタクトを取ることに向いています。
  • 他のリサーチ方法と比べ、高い回答率、見込先へのアポイント取得率が見込めます。
  • 設問数は最大5問程度で、少ない選択肢の選択式設問がメインになります。

主にご利用いただいているお客さま(官公庁)

Web調査

インターネットを利用したアンケート調査で、webページにアクセスしていただき、回答を送信していただきます。 矛盾回答の排除や分岐の設定ができるので、回答ミスが起こらず、より素早く、低コストで正確なデータを収集できます。

特徴

  • 他のリサーチ方法と比べ、調査費用を抑えられ、比較的短期間での調査が可能です。
  • 人的ミスを減らし、精度の高い調査ができます。
  • 他のリサーチ方法と比べ、回収率の確保が比較的容易です。

主にご利用いただいているお客さま(官公庁)

実現できるサービス(民間企業)

インターネットモニター調査

インターネットモニター(会員)に対して調査を行う方法で、モニター(パネル)にアンケートを配信し、Web上で回答してもらいます。

特徴

  • 他のリサーチ方法と比べ、調査費用を抑えられ、短期間での調査が可能です。
  • 人的ミスを減らし、精度の高い調査ができます。
  • 他のリサーチ方法と比べ、回収率の確保が比較的容易です。

主にご利用いただいているお客さま(官公庁)

実現できるサービス(民間企業)

訪問調査

調査員が対象者を訪問し、調査票にしたがってその場で対象者に対して聞き取りを行い、回答を得る方法です。国内の調査拠点は、全80ヶ所を有し、それぞれの支社店に調査員を配し、十分な調査が行える体制が整っています。

特徴

  • 説明を必要とする質問がある調査に向いています。
  • 対象者に負担がかかる調査内容であっても比較的高い回収率が見込めます。
  • 回答ミスがあっても調査員が介在するので、その場で聞き直すことができます。

主にご利用いただいているお客さま(官公庁)

実現できるサービス(民間企業)

文献調査

既存の統計データや研究資料など、インターネットや書物の公開情報を収集し、取りまとめます。

特徴

  • 参考になる資料や先行調査(または研究)結果を調べ、現状を分析することで、現状把握や課題の考察などが行えます。

主にご利用いただいているお客さま(官公庁)

実現できるサービス(民間企業)

お電話でのお問い合わせ・市場調査部

03-6910-3153