ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)ウィズ・ワンほか1社

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2019/01/31(木)

民事再生法申請

負債総額2社合計約28億3000万円

東京 注文住宅販売 (株)ウィズ・ワンほか1社

~デザインに定評のあるハウスメーカー~

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)ウィズ・ワン(TSR企業コード:296014060、法人番号:4010401095056、港区南青山5-16-14、設立平成16年5月、資本金2億2090万円、嘉村正彦社長)と関連会社の(株)カムズ・コーポレーション(TSR企業コード:296751774、法人番号:3010401095057、同所、設立平成18年4月、資本金2500万円、同社長)は1月30日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。
 申請代理人は宮原一東弁護士(桜通り法律事務所、中央区日本橋茅場町2-3-6、電話03-6661-6553)ほか。監督委員には澤野正明弁護士(シティユーワ法律事務所、千代田区丸の内2-2-2、電話03-6212-5500)が選任された。
 債権者説明会は2月1日15時30分より「TKP渋谷カンファレンスセンター」(渋谷区)で開催予定。
 負債総額はウィズ・ワンが債権者約200名に対して約26億円、カムズ・コーポレーションが約2億3000万円(平成29年3月期決算時点)で、2社合計約28億3000万円。

 ウィズ・ワンは自然素材にこだわったデザイン性の高い注文住宅で定評のあるハウスメーカー。世田谷区、杉並区などにデザインオフィスを開設し東京・城南地区や神奈川県を主な営業エリアとして順次業容を拡大した。
 平成29年3月期は過去最高となる売上高32億6100万円をあげていたが、業績拡大の一方で資金需要も増加し、金融債務も過大となっていた。30年3月期は引渡し棟数が減少したことで、売上高28億2400万円と6期ぶりの減収に転じていた。今期(31年3月期)も業績が伸び悩むなか、資金繰りが急速に悪化したことから、今回の事態となった。
 カムズ・コーポレーションは関連会社として輸入家具の販売や内装工事などを手掛けていた。親会社向けの業務が中心で29年3月期は売上高4億1800万円をあげていたが、ウィズ・ワンに連鎖した。
 なお「引き続き、事業を継続し仕掛かり中工事を完成させる。現在スポンサーを募っており、具体的に関心を寄せている先がある」としている。

全国最新トピックス

02月13日号
(株)ヤマサンセンター 【愛媛】 スーパーマーケット経営
02月12日号
中島オールプリシジョン(株) 【長野】 業務用プリンター、レジスター製造
02月08日号
(株)エイタロウソフト 【東京】 ソーシャルゲーム開発
02月07日号
(株)ウィズ・ワン 【東京】 注文住宅販売
02月07日号
(株)日進衣料 【愛知】 下着・肌着卸売

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
TSR公式Google+

ページの先頭へ