ホーム > 最新記事 > D&B U.S. Economic Health Tracker ~D&B 米国経済健全性レポート~

D&B U.S. Economic Health Tracker

D&B米国経済健全性レポートとは?

「D&B米国経済健全性レポート」は、D&B社が毎月提供している米国(アメリカ)の経済状況を分析するレポートで、「中小企業健全性指数」、「米国の雇用健全性」、「米国企業健全性指数」の3つの指標を翻訳してご紹介いたします。
日本経済は、ご存じの通り、米国(アメリカ)の経済状況に左右されることが多く、ぜひビジネスマンの方は定期的にご覧いただければと思います。
なお、毎月いち早く「D&B米国経済健全性レポート」をご覧になりたい方のために、メールマガジンを配信しております。
リアルタイムで最新情報をゲットしたい方は、ぜひ以下のボタンをクリックし、ご登録ください!

最新中小企業健全性指数

「中小企業健全性指数」は、支払いパターンおよびクレジットカードの利用等の加重により、中小企業の前年比実績を測定評価したものです。

中小企業健全性指数



最新米国の雇用健全性

「米国の雇用健全性」は、中小企業健全性指数の業界データを米国労働統計局(BLS)の数値と組み合わせて、毎月の非農業部門雇用者数を予測したものです。

米国の雇用健全性



最新米国企業健全性指標

「米国企業健全性指数」は、D&B の存続可能性格付け、滞納予測、総損失予測の加重平均の前年比増減を示したものです。

米国企業健全性指標



「D&B米国経済健全性レポート」9月号解説

今回のハイライトは、4か月連続で低下していた中小企業健全性指数が増加に転じたことです。数字としては大きくありませんが、この傾向 は複数セクターに及んでおり、はっきりとした変化が読み取れます。
ただし、増加トレンドを定着させるには問題が残っており、指数もまだ90未満にとどまっているので、この先も気が抜けないでしょう。非農業部門の新規雇用は、今月は180,000人近くになっています。前年平均にはまだ若干及びませんが、現時点における景気循環の段階を考えれば十分以上の数字と考えてよいでしょう。
一方、米国企業健全性指数で測られる米国企業全体の事業リスクは、引き続き低くなっています。前月も計測開始以来の最高レベルを記録していましたが、今月は51.4%とその値をさらに更新しています。
まとめると、今回のレポートでは過去数カ月間に比べれば、企業の業績に対して楽観ムードをもたらす内容となっています。2017年の最終四半期に踏み出す準備を進めるなか、この傾向が高まり、楽観ムードがさらに濃くなるかどうか、今後の進展に注目されます。

このページを見ている人はこんなページも見ています

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

海外企業の詳しいレポートをワンストップでお届けいたします。
D&Bレポート(海外企業情報レポート)

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

マーケティング・顧客管理などでお客さまの条件に合わせた企業を抽出できます。
Data Approach(企業情報データファイル)

~Webで商品・サービスご紹介~ デジタルカタログ
デジタルカタログ別ウィンドウで開きます。
TSRのパンフレットをデジタル化。商品・サービスをWebでご紹介いたします!
商品説明動画 TSR商品・サービスを動画でご紹介!
動画で分かる商品案内
TSRの商品・サービスをわかりやすく動画でご紹介いたします!

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ