企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)クロニクルほか4社、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2013.07.31

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)クロニクルほか4社 [東京] 宝飾品販売ほか

破産申請へ / 負債総額 約23億1000万円

~元ジャスダック上場 7月17日に上場廃止~

 (株)クロニクル(TSR企業コード:291933769、港区南青山2-27-20、設立昭和55年3月、資本金50億7038万円、堀達夫社長)はこのほど事業を停止、7月30日付で高栁一誠弁護士(やざわ法律事務所、墨田区江東橋4-29-12、電話03-5625-2773)に一任し、破産申請の準備に入った。

負債総額は約23億1000万円(平成24年9月期決算時点)。

 (株)富士流通の商号で宝石、貴金属の卸販売を目的に設立された。その後、小売業に進出しバッグ、時計などの海外一流ブランド品の取り扱いを開始、平成1年4月に社名を(株)エフアールに変更し、3年4月に株式を店頭公開(16年12月ジャスダック上場)し、宝飾品、高級服飾品の販売を軸に事業を拡大した。

 10年9月期は年商268億3200万円をあげていたが、10年5月、親和銀行(当時、佐世保市)の不正融資事件で当時の代表ら2名が逮捕される事態が発生した。その後、12年9月には社名を(株)なが多へと変更していたが、市況低迷による宝飾事業の不振から業績が低迷。またこの間、投資事業を開始し経営多角化を進めた。

18年2月には社名を再度(株)クロニクルへと変更、近年はM&Aなどの投資事業を積極的に行い、子会社を通じて宝飾品事業、投資事業、WEB情報事業、リサイクル事業、流通サービス事業などを行っていた。しかし、グループ企業の業績不振が続くなか、売上は減少の一途をたどり連続して大幅な赤字を計上。24年9月期は単体ベースで年商993万円となり、最終赤字は29億6300万円にまで膨らんでいた。

こうしたなか、過去の不適切な会計処理が発覚したことから25年3月中間期の半期報告書の期限内提出の見込みが立たず、7月17日付けで上場廃止となっていた。

なお、以下の関連会社4社についても同時に破産申請の予定。

(1)(株)アメイジングバリュー(TSR企業コード:296643700、同所、設立平成18年4月、資本金4億8500万円、赤松英樹社長)

(2)(株)クリエイト24(TSR企業コード:332346153、同所、設立平成7年7月、資本金3100万円、赤松英樹社長)

(3)(株)ドゥーズ(TSR企業コード:296643726、同所、設立平成18年4月、資本金1億4000万円、金澤光子社長)

(4)(株)エフ・データクリエイション(TSR企業コード:296394874、設立平成17年6月、資本金1000万円、堀達夫社長)

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ