企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

京都駅南開発特定目的会社、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2013.07.09

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

京都駅南開発特定目的会社 [東京] 不動産流動化事業

特別清算開始決定 / 負債総額 約204億円

~デベロッパーの倒産で計画が頓挫~

 京都駅南開発特定目的会社(TSR企業コード:297483200、中央区日本橋1-4-1、設立平成18年9月、資本金5億10万円、代表清算人:南裕史弁護士)は、東京地裁に特別清算を申請し6月27日、特別清算開始決定を受けた。

 負債総額は約204億円(24年7月期決算時点)。

 

 京都駅八条口(京都市南区)の大型商業施設「ヴィノワ」の開発構想に基づき設立された特定目的会社。不動産デベロッパーの(株)ジョイント・コーポレーション(TSR企業コード:293182280)が事業主体となり、テナント誘致や店舗運営を進め、京都府内最大級の商業施設として平成21年10月の開業を目指していた。

 しかし、ジョイント・コーポレーションが21年5月、不動産流動化事業の資金繰り悪化で会社更生法の適用を申請し経営破綻したため、事業の継続が困難となっていた。以降、大手ゼネコンやメインバンクが新たな事業主を決定する意向を示し、同年11月、商業施設はイオンモール(株)(TSR企業コード:292216980)が事業の引き受けを決定し、22年3月「イオンモールKYOTO」として開業していた。その後、施設からの賃貸収入で事業継続をしていたが、債務超過の解消は困難で6月3日、定款に定めた事由の発生により解散していた。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ