企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(特定)大雪りばぁねっと、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2013.05.16

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(特定)大雪りばぁねっと [北海道] 震災雇用対策業

破産開始決定 / 負債総額 約5億6000万円

 (特定)大雪りばぁねっと(TSR企業コード:012254444、旭川市近文町25-2122-81、設立平成17年9月、資産総額0円、岡田栄悟理事)は5月15日、東京地裁より破産開始決定を受けた。

 負債総額は約5億6000万円。

 旭川市で水難救助や河川清掃のイベントなどを手掛けていたNPO法人。平成23年3月、東日本大震災の発生を受け、水難救助のノウハウを生かし岩手県山田町で津波被害を受けた行方不明者の捜索活動に従事。この活動により同町から信頼を獲得し、山田町で被災民の雇用確保を目的とした緊急雇用事業を23年5月に契約。支援物資の管理や避難所での支援、無料入浴施設の設置などを行い、ピーク時には144名を雇用していた。

 しかし24年12月、当該年度の事業予算7億9000万円を使い切り、雇用した被災者へ給与支払いができなくなる事態が発覚。さらに多額の使途不明金の存在が明らかになるなど事態は混乱を極めた。これを重く見た山田町は同月25日、当社との契約を解除。約140名いた従業員は同日付で解雇され事業は休止状態となった。

 この後、当社は3月7日、事後を溝呂木雄浩弁護士(溝呂木法律事務所、千代田区神田小川町1-1、電話03-3518-4766)に一任し負債の整理に入ったが、岩手県および山田町は第三者委員会を設置し問題を調査。この結果、県は事業費7億9000万円のうち5億200万円が不適切であったと認定、山田町は一般財源での穴埋めを余儀なくされた。このため、5月17日に開催される町議会で当社に対し不適切支出分の請求を行う議決をしたうえで、民事訴訟を起こす予定だった。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ