企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

ワシ興産(株)ほか2社、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2012.10.26

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

ワシ興産(株)ほか2社 [福井] 鍛造ホイール、プラスチックレンズの製造

債権者から会社更生法を申し立てられる / 負債総額 約646億1500万円

~ワシ興産は自動車用鍛造ホイール「BBSブランド」で有名~

 10月26日、福井銀行は、地方財閥「小野グループ」の中核企業であるワシ興産(株)(TSR企業コード:590070959、福井市宝永4-3-1、登記上:東京都港区高輪2-15-21、設立昭和46年4月、資本金10億円、小野光太郎社長、従業員30名)、ワシマイヤー(株)(TSR企業コード:590070932、福井市宝永4-3-1、設立昭和46年7月、資本金10億173万円、小野稔社長、従業員186名)、(株)アサヒオプティカル(TSR企業コード:600076822、鯖江市下河端町47-26、登記上:福井市宝永4-3-1、設立昭和55年12月、資本金2億4000万円、小野稔社長、従業員120名)の3社に対し東京地裁へ会社更生法の適用を申請し、保全命令が下った。保全管理人は新保克芳弁護士(新保・髙﨑法律事務所、東京都中央区日本橋3-2-9、電話03-3242-1781)。

 3社の負債合計は平成24年8月末時点で646億1500万円(申立書ベース)。

 

 ワシ興産は、自動車用軽合金鍛造ホイールメーカーとして国内最大規模を誇り、国内、海外各自動車メーカーの最高級グレード車に採用されているほか、F-1用レーシングホイール納入実績においては圧倒的シェアを持っている。23年12月にはドイツの「BBS」の商標権や鍛造ホイール部門を買収して世界的な注目を浴びていた。原則的に製品はグループのワシマイヤー経由で各自動車メーカーに販売。ワシ興産は、不動産売買が活発だった21年12月期は売上高87億5100万円、当期純利益6億6500万円を計上していた。しかし、23年12月期は「東日本大震災」や「タイ」の洪水被害により各自動車メーカーからの受注が激減、32億100万円に落ち込んでいた。

 実質的な販売会社であるワシマイヤーもワシ興産と同様の推移をたどり、ピークの21年12月期は不動産の売上も加わり120億4900万円の売上高を計上していたが、23年12月期は45億8500万円に激減していた。

 アサヒオプティカルはカールツアイス社の国内総代理店で、プラスチックメガネレンズの国内大手メーカー。ピークの14年9月期は47億3100万円の売上高を計上していたが、眼鏡業界の低迷を反映して、23年12月期(16年から決算期変更)は26億9100万円に落ち込んでいた。

 福井銀行は、過去10年近くにわたる不正な経理処理を指摘したうえで、10月末の資金繰りに窮している現状から今回の申請となった。また適時開示情報によると、債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせとして、福井銀行が181億6300万円、北陸銀行が127億8200万円を発表している。

 

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ