企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ

(株)ハーヴェストホールディングス、信用調査、与信管理、倒産情報は東京商工リサーチ。

メルマガ会員・セミナー会員募集
 

公開日:2012.08.01

負債総額が原則30億円以上の倒産企業および信用変動企業を掲載。

(株)ハーヴェストホールディングス [大阪] 旅行業

破産開始決定 / 負債総額 約6億5000万円

 7月1日に事業を停止していた(株)ハーヴェストホールディングス(TSR企業コード:575399198、豊中市庄内東町3-9-14、設立平成7年12月、資本金5000万円、大屋政士社長、従業員60名)は7月23日、大阪地裁へ破産を申請し26日、同手続破産開始決定を受けた。破産管財人は大砂裕幸弁護士(船場中央法律事務所、大阪市中央区伏見町2-5-7岡田伏見町ビル5F、電話06-6228-0088)。

 負債は破産申請時点で総額約6億5000万円。

 

  高速バス、夜行バスの運行を主体とする旅行業者。「ハーヴェストライナー」の愛称で関東と関西、中部、北陸などの各路線を展開。営業所も各地に設けるなど業容を急速に拡大させ、平成20年1月期には年商約5億560万円であったが、21年1月期には年商20億4981万円にまで伸長。その後も路線拡大などで業績は伸びを見せ、23年1月期には年商約30億6400万円に続き、24年1月期は年商約35億円を計上していた。

 しかし、過去より収益は低調に推移し、財務強化は進んでいなかったところ東日本大震災の影響などもあって自社企画旅行の「温泉ライナー」で催行の不能などから一部損失も発生する状態にあった。このため、営業所の廃止を進めるなど運営の効率も進めていた。

 そうしたなか24年4月29日、当社が催行した金沢発・東京ディズニーランド行きの高速バスツアーで、運転手の居眠り運転により関越自動車道上り線で多数の死傷者を出す重大事故が発生。これ以降、ツアー客の減少と相次ぐキャンセルの発生などで資金繰りは悪化、事業継続は困難となり今回の措置となった。

 また、関連会社である(株)ハーヴェストサポート(TSR企業コード:576678902、本社同所、設立平成19年2月、資本金300万円、同社長)、(株)HSサポート(TSR企業コード:298237253、東京都新宿区西新宿3-5-3、設立平成21年12月、資本金2000万円、同社長)、(株)HS観光バス(TSR企業コード:576678910、本社同所、設立平成15年4月、資本金300万円、同社長)、(株)HS観光バス西日本(TSR企業コード:872112080、本社同所、設立平成18年4月、資本金300万円、橋本卓也社長)の4社も同様に、7月26日に大阪地裁から破産手続開始決定を受けている。

 

記事の取扱いについて


TSR商品販売サイト

  • TSR ONLINE SHOP:出版物・マーケティングレポート等のオンラインショッピングサイト

TSR関連おすすめサービス

  • エラベル:TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト
  • TSR express:TSR情報誌をご購読のお客様に無料でお届けする倒産情報配信・検索サービス
  • 東日本大震災関連記事

TSRのソーシャルネットサービス(SNS)

  • 東京商工リサーチtwitter公式アカウント
  • 東京商工リサーチ公式facebookページ